住宅ローンも保険と貯金を兼ねた安心保険付き貯金箱

生命保険は万が一の場合のために用意するものですが

 

なかなか、積極的にかけたいという方は少ないのではないでしょうか?

 

万が一の時に困らないように仕方なしに入り、何もなかったらそれはそれで

 

喜ばしいのですが、損したような気持になります。

 

じゃ~住宅ローンはどうする。

 

万が一にのための生命保険も積立式がありますよね。

 

生存保険金というものです。

 

これは貯金という考え方です。

 

 

だったら住宅ローンも保険と貯金を兼ねた安心保険付き貯金箱

 

にしたらいかがでしょうか?

 

「安心保険付き貯金箱」

 

万が一家族や自分に何かあった場合、家を貸したり家を担保にお金を借りたりする。

 

何もなく住宅ローンを払い終わったら、家を売って、

 

住み変えも良し、貸して家賃収入を得ながら、自分はマンションに暮らしても良し。

 

その家という貯金箱にあるお金の使い道はあなた次第。

 

 

ただし安心保険付き貯金箱にするには資金計画が大事です。

 

いくらの予算でどのような家を建てるかで、

 

貯金箱にもなるし、ただの住宅ローンという借金にもなります。

 

 

どちらにするかはあなた次第!!


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net