住宅ローンも保険と貯金を兼ねた安心保険付き貯金箱

生命保険は万が一の場合のために用意するものですが

 

なかなか、積極的にかけたいという方は少ないのではないでしょうか?

 

万が一の時に困らないように仕方なしに入り、何もなかったらそれはそれで

 

喜ばしいのですが、損したような気持になります。

 

じゃ~住宅ローンはどうする。

 

万が一にのための生命保険も積立式がありますよね。

 

生存保険金というものです。

 

これは貯金という考え方です。

 

 

だったら住宅ローンも保険と貯金を兼ねた安心保険付き貯金箱

 

にしたらいかがでしょうか?

 

「安心保険付き貯金箱」

 

万が一家族や自分に何かあった場合、家を貸したり家を担保にお金を借りたりする。

 

何もなく住宅ローンを払い終わったら、家を売って、

 

住み変えも良し、貸して家賃収入を得ながら、自分はマンションに暮らしても良し。

 

その家という貯金箱にあるお金の使い道はあなた次第。

 

 

ただし安心保険付き貯金箱にするには資金計画が大事です。

 

いくらの予算でどのような家を建てるかで、

 

貯金箱にもなるし、ただの住宅ローンという借金にもなります。

 

 

どちらにするかはあなた次第!!


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。