今の家づくりを否定する人の意見を紹介します。

温暖化で住まいの設計を変える時期にきている ~ 。

日本の住まいの設計は大ウソであると以前から指摘してきた。

日本国家には、きちんとした住宅建築を残す哲学が全くないことは

以前から変わらないが。 少なくとも住宅だけは3世代住めて、あまり

電気代の掛らない(低炭素)、エアコンに頼らない住まいの設計をすべきである

と思う。 昔の土壁の家をみればヒントがあるう。使われている建材は

全て熱容量の小さなものでできている。

しかし、現在の住宅は、石油製品のかたまりでできいる。

37℃ある気候で、しかも湿気が多い環境の中、全く呼吸しないビニールクロスと

サイデングの住宅。 電気代の掛る(高炭素)住宅が主流である?

こんな住宅が主流であり、こんな住宅が優良住宅として有利な住宅ローンの

対象になる ~ 。 こんな国は世界に一つ 日本だけである?

こんなばかげた国はない? 国民よ目を覚ませ!


我々は、温暖化でも快適な暮らしを提供できる建材を準備している

しかも低価格で。

●スペイン漆喰 レビスタンプ → www.revistamp.com

●ヨーロッパ建材→ www.vonsumaine.com

●炭化コルク(ポルトガル)→ www.porjacork.com

●廃材を利用した床材→ http://www.synchrowood-jp.com/index.html


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。