住宅ローンの金利が低い時は、家は建て時か?

住宅ローンも低金利の現在は、

 

「マイホームの買い時」と言えるのでしょうか?

 

 

土地の価格が下がっているときは、

 

一般的に買い時と考えられています。

 

 

しかし、下落幅が大きい場所は、その内容の見極めも必要です。

 

 

例えば、高くなりすぎていた価格が正常価格に戻った場合であれば

 

良いのですが、環境があまり良くないなどの理由で下がっていること

 

もあるので注意が必要です。

 

 

住宅ローンについては、仮に2500万円を35年返済で借りた場合、

 

全期間固定の金利が「3%」から「4%」

 

に上がると、総返済額は「600万円以上」も増えます。

 

 

こういった点で

 

低金利は魅力的です。

 

 

またこの時期は、マイホーム購入の

 

優遇制度も充実している時なので、全体的に考えると

 

「マイホームの買い時」と言え

 

るのかもしれません。

 

 

ただ、どんな時でも焦らずに十分検討して、納得

 

のマイホームを手に入れていただきたいと思います。

 

 

 

 

 

住宅ローンの中には、1%やそれ以下のキャンペーン金利を

 

うたった商品もあります。

 

 

はたしてこれらの住宅ローンは利用したほうが得なのでしょうか?

 

それとも利用しないべきなのでしょうか?

 

結論から言えば、超低金利のキャンペーン期間が

 

設定された固定金利選択型の住宅ローンは利用するべきではありません。

 

 

通常、1%や0.98%といった超低金利をウリにした住宅ローンは、

 

固定期間が1年~3年程度に設定された「固定金利選択型」の住宅ローンです。

 

固定金利選択型とは、あらかじめ設定された一定期間のみが固定金利で、

 

その期間が終了するとそれ以降は変動金利となるものをいいます。

 

 

(再度固定金利期間を設定するものもあります)

 

つまり、このタイプの住宅ローンでは1年から3年という固定期間が

 

おわると金利も支払額も大幅にアップするという仕組なのです。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net