今の家づくりは経費が多くかかるので高くなっている

現代住宅は家そのものより家づくりを

 

請け負うハウスメーカーや建築会社

 

または工務店の経費の割合が高いため

 

全体の建築価格が高くなっている。

 

 

ハウスメーカーの場合は、価格の55%が家に使われる材料、

 

資材で後の45%は下請の中間マージンであったり、

 

広告宣伝費であったり、営業マンの給料であったりする。

 

 

地域の工務店も割合が違うものの材料費、

 

資材費で75%その他の経費で25%である。

 

この経費が住宅価格を押し上げているのである。

 

良い家を出来るだけ安く建てるには、材料を安く

 

買うのは当たり前だが既に限界まで安くなっている。

 

職人の賃金も生活がやっとできるレベルまで下がっている。

 

 

「いや建て主の私はちゃんと工務店やハウスメーカーに払っている」

 

などと思ってはいけない。

 

実際建て主が200万円の大工日当を払っていると思える

 

工務店の見積もりの事実は、工務店が80万円も抜き取り、

 

大工に賃金としてわたるのは何とかやっと施工できるぎりぎりの

 

120万円という金額が大工にわたる金額である。

 

 

これからメスをいれなければいけないのはハウスメーカーや

 

工務店の無駄な経費と職人の人件費をピンハネする

 

業界体質の改善である。

 

 

ハウスメーカーや工務店が無駄な経費を住宅価格に

 

上乗せしなければ確実に安くなる。

 

いい家を安く建てるには、

 

無駄な経費を省くのが一番。

 

すなわち、材料や資材を出来るだけ安く買い、

 

 

職人にもきちんと施工できる、

 

人件費をちゃんと払いハウスメーカーや

 

工務店の諸経費を含まない適切な

 

工事金額で家づくりをやれば、

 

かなり安くなることだろう。

 

 

 

できるだけムダ費用をかけない家づくりをしたいのだが

 

家づくりはたくさんの人が関わり、たくさんの知識や技術が

 

必要である。

 

間違いない家づくりをするには、適切な経費も必要であるが

 

その割合をできるだけ少なくするよう努力が必要なのは

 

言うまでもない。

 

 

どこまでがムダな費用か?

 

その所の見極めが大事だと思う。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net