消費税10%が目前。家を急いで建てる?

消費税は10%に?

 

 

これから日本ではあらゆる税金が

 

上がっていくと言われています。

 

 

 

大増税時代の到来です。

 

 

 

まだ確定しているものばかりではありませんが、今の流れからして、

 

方向性としては増税へと進んで行くでしょう。

 

 

 

その中でもまず大きく住宅市場を左右しそうなのが、

 

「消費税」です。

 

 

 

5%から8%そして10%までは上げられます。

 

 

 

これに関しては、住宅生産団体連合会が、

 

「住宅は消費財ではないため、消費税の導入は適用しないで欲しい」

 

といったような提案を出しているようです。

 

 

 

しかし現在も消費税は8%掛かっていますから、

 

なかなか例外は認められないかもしれません。

 

 

 

 

■増税前の駆け込みと反動はどうなる?

 

 

以前3%から5%に引き上げられたのは、

 

1997年の4月。阪神大震災の約2年後でした。

 

 

 

その影響もあって駆け込み需要が大量に発生しました。

 

 

 

3%から5%への引き上げでも、

 

住宅にとっては大きいわけです。

 

 

 

2000万円の住宅ならば40万円も違ってきます。

 

 

 

消費税引き上げ前の駆け込み需要の結果、1996年度の住宅着工数は、

 

バブル後でのピークを迎えることになりました。

 

 

 

震災のあった95年度着工148.5万戸から、

 

96年度は163万戸と1割ほど伸ばしたわけです。

 

 

 

駆け込みの後は反動が付きもので、その翌年の

 

97年度は134万戸まで減少します。

 

 

 

そして98年度以降は110~120万戸台が続きます。

 

 

 

そして07~08年度は100万戸強、09~10年度は

 

80万戸台と徐々に減少してきていることは、周知の通りです。

 

近い将来60万戸くらいまで減少すると言われています。

 

 

 

では今回消費税が8%から10%に引き上げられたら、

 

住宅市場の動向はどうなるでしょうか。

 

 一時的には駆け込み需要があるかもわかりませんが、

それもそんなに大きくないかと思われます。

 

ただそれでも10%まで上がった後は、

 

市場が停滞するでしょう。

 

 

 いずれにしても、需要急減が起きた場合でも

 

持ちこたえられる経営体力を温存しておく必要があります。

 

 

 

住宅会社にとって、消費税アップは

 

ある意味ではチャンスでもあります。

 

 

 

政策の変化によって新たな顧客を掴める可能性も

 

生まれますし、税率アップ前には消費者の住宅取得意欲が

 

旺盛になることには違いありません。

 

 

 

この時期にいかに強い会社になっておくかは、

 

大増税時代を生き抜くための重要なポイントになると思われます。

 

 

 

建築会社目線で見ると消費税アップ前は、低迷している

 

住宅業界にはカンフル剤てきな要素になります。

 

 

ただ消費者目線で見た場合、消費税が上がる前の

 

駆け込み建築を急ぐあまり、重要なことを

 

検討しないまま、建築してしまい後悔してしまう

 

ことも出てくるでしょう。

 

 

確かに消費税が上がる前に建てることは、費用を

 

安く抑えるためには重要ですが、そのために、光熱費など

 

高くなってしまうような住宅を作る羽目になったら

 

元も子もありません。

 

家づくりは十分検討する必要があります。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net