家づくりの原価公開何のため

今日のタイトルのように原価公開は何のための

 

やるのでしょうか?

 

見積もりを作る側からすると、原価公開をやりたくない

 

一番の理由は、自社の利益を公開することになる。

 

これが一番の理由です。

 

 

ではなぜ出したくないのか?

 

家づくりは金額が大きいため利益も大きくなります。

 

例えば3000万だと利益800万~900万が適正な利益だと言われます。

 

この金額をそのまま出すとどうなるか?

 

 

建て主「へ~建築会社ってこんなに儲けてんの」

 

「もっと値引きしてよ」「安くしてもいいはずでしょ」

 

となると多くの建築会社は思っています。

 

 

値引き対象になるのでこの原価公開はやりたくないのです。

 

適切な会社経費や利益でも金額が大きくなるのが家づくりです。

 

あなたは原価公開

 

会社の利益800万円~900万を

 

 

どう考えますか?

 

このお金を建築会社の適正な経費利益だと思い気持ちよく

値引き交渉もしないで払っていただけますか?


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。