注文住宅で予算オーバー

今日は予算オーバーした時の話です。

 

 

要望をお聞きしそれを図面にして、概算見積もりを出す

 

のですが、大方、予算をオーバーします。

 

 

それはそうでしょう。

 

建て主さんに要望を全て出してもらい、建て主さんが希望する間取りや

 

設備、仕様でそのまま見積もっているんですから、予算内に納まるのが

 

稀なことです。

 

 

予算を軽くオーバーしているのですから、このまま進めるわけには

 

行きません。

 

で、何をするかと言うと、良く設計事務所の住まいづくりの中で

 

聞くこともあると思いますがVE案を出すことになります。

 

 

VE案とは、性能を同等で、代用品を使うことでコストダウンを図り

 

予算内に納める方法です。

 

 

予算オーバーした場合、仕様をグレードダウンしたり

 

間取りを変更したり、規模を縮小したり・・・

 

 

ただ、その結果、安い材料を使った予算重視の安物住宅

 

になったら本末転倒ということになります。

 

性能、品質を変えずにコストを下げる方法はないのだろうか?

 

と考えるのがVE案、減額案という訳なんです。

 

これは、施工側から、出されることもあるし、設計側からの

 

こともあります。

 

 

例えば、日ごろ安い価格で仕入れている、メーカーに変えるとか

 

標準的な施工納まりに統一したり。

 

 

大きく予算オーバーしている場合は間取りの変更、規模の縮小

 

を考えなければいけませんが、できるだけ建て主さんの要望

 

に優先順位をつけて、間取りがある程度決まってからの

 

間取り変更は避けたいところです。

 

 

業者「この壁材をこちらに変更すれば約30万円は下がります」

 

建て主「いや~この壁材は絶対使いたい」

 

業者「では予算を上げましょう」

 

建て主「いや~予算はそのままがいい」

 

 

 

 

ふう~家づくりも大変だ!

 

 

 

 

 

 

■■■■【建築ワンポイントアドバイス】

 

このVE案は見積もりの金額をみて、金額の大きいところを

 

代替え案を出すわけですが、見積金額そのものが適当な場合は

 

どのような代替え案をだしたらいいのか判断がつきません。

 

 

また、建て主さんにもいろいろな仕様を決定してもらわなければ

 

ならないのですが、これも金額が正確でない見積もりでは

 

判断する根拠がわかりません。

 

 

このようにコスト調整をするにも、原価を公開し

 

材料と人件費、会社経費を分けた、資金計画や見積もりが

 

大事という訳です。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net