家づくりってなんだろう。儲けていいの?

家づくりの理想を求めてあれこれやってきた訳ですが、

安売りは良くないとか?商品は高くないといけないとか?

利益を出すのがビジネスだとか、経営の本やネットでいろいろと

調べるとそんなことを書いてあります。

 

ただ、そのようなことを見ても聞いても何か違うような気がしてなりません。

確かにボランティアでできない以上、利益も出しながら経営を

していかないと、会社は倒産します。

倒産したら、その会社に係った全ての人が困ります。

 

だから倒産したらいけないんですね。

だからと言って、高く家を売ればそれで済むかというと

それも違います。

 

高く売れば建築会社は潤い、ホクホクなんでしょうが、

高く支払った施主が住宅ローンに苦しむ、最悪破綻!

これでは何のための家づくりか分かりませんね。

 

今の家づくりを見ていると両極端のような気がします。

同じ建築会社でも一方は自社の事や利益だけを考え高く売る

ことに専念し、もう一方の建築会社は仕事が欲しいために

安売りをして利益が出ず、経営が成り立たない!

 

家を高く売るのも安く売るのも自由ですが、建築会社の都合や思惑だけで

施主のことはどうなんでしょうか?

 

建築会社も良くて施主も満足。

私もよくわかりませんが、そんな家づくりを楽しく

自由にやっていきます。

 

これからもこの先も。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net