自然素材の家はカビ対策に有効

カビは「温度」「湿度」「栄養分」などの

 

条件がそろうと繁殖します。

 

 

温度は20~30℃が繁殖しやすいといわれています。

 

湿度は70~95%で、浴室でよく見る黒いカビは90%以上を好みます。

 

 

カビを減らす方法のひとつは、こまめに換気を行い温度や湿度を

 

下げることです。

 

そのためには窓や換気扇などの配置を考え、

 

風通しの良い家造りをすることが大切です。

 

また、木や珪藻土、漆喰などの調湿機能を持った材料を

 

使用することも効果的です。

 

 

浴室においては温度と湿度の他に栄養分もあり、

 

カビが繁殖しやすい条件がそろっています。

 

 

私たちの体から出る皮脂はカビの栄養源と

 

なります。

 

そのためお風呂上りに冷水シャワーで壁や床の汚れを流し、

 

同時に室温を下げてあげるとカビ予防になります。

 

 

また、「皮脂汚れが付着しにくい床材」を使用した

 

ユニットバスなどを取り入れることも対策のひとつです。

 

 

ただし、こうしたものも万能ではありませんので、

 

やはり風通しの良い設計、材料、そしてお手入れの

 

三位一体でカビ対策をする必要があります。


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。