今どきの和室

最近の和室は真壁ではなく柱が見えない大壁仕様が多くなりました。
畳を敷いた洋室という感じです。
それでも、廻縁に木質感を出したりアールなどを作り和室感を出しています。
写真: 建築費を下げることはそんなに難しくありませんが、なぜ建築費を下げたいのかを考えることは大事です。家づくりはあくまであなたが求める家をあなたが希望する価格で建てることが基本です。
あなたが求める良い家とはどのような家ですか?

【写真】最近の和室は真壁ではなく柱が見えない大壁仕様が多くなりました。畳を敷いた洋室という感じです。それでもアールなどを作り和室感を出しています。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net