見積ではなく予算配分を決める

見積を建築会社からとった方ならわかると思いますがその価格どうでしたか?

いろいろな要望を伝え、間取りにも注文を付け、さて建築会社から出てきた見積もりを

見ると・・・

やっぱり予算を数百万円もオーバーしている。

こんなことは日常茶飯事です。

そして、いい家はこれくらいかかりますよ。と建築会社の営業マンから言われ

渋々予算を追加してその会社と契約。

めでたしめでたし・・

というわけにはいかないのが家づくりです。

建築会社の見積もりはあくまで見積であって、それが絶対の金額ではありません。

あなたにはあなたの予算があるわけでして、その予算を増やせないならその予算内で

家づくりをするしかありません。

ここは頭を切り替えて、あなたの予算の金額をまず決めて、それから予算配分をしていくしか

ありません。

2000万円の予算なら

基礎工事が・・・円

大工工事が・・・円

キッチンが・・・円

断熱材が・・・円

と予算の範囲で配分すれば予算オーバーしないで万事うまくいきます。

注意点はが2つあります。

1つ目・品質を下げずに予算内

2つ目・適正価格で予算内

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。