注文住宅で予算オーバーにお困りですか?間取りをシンプルにしましょう!

中間マージン0円の家づくりや材料を卸値で買う家づくりはこちらをご覧ください。

相場より500万円~安くマイホームが実現!

https://www.kenchiku-support.org/

佐賀で新築なら有限会社建築サポート (saga-ecohouse.jp)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「注文住宅でどうしても予算オーバーしてしまう」
「どうしたら予算内に抑えられるのだろう」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。

この記事では、注文住宅の予算の決め方、また予算をオーバーしたときにどうすれば良いかについて詳しく解説します。
佐賀で注文住宅をご検討されている方はぜひ参考にしてください。

 

□注文住宅の予算の決め方とは

家を建てようと注文住宅を検討し始めたものの、予算をどれくらいにすれば良いかわからない方も多いのではないでしょうか。
ここでは、注文住宅の予算の決め方についてご紹介します。

 

まず、予算を決める際は、頭金から考えます。
頭金とは、住宅の価格からローンで借りられる金額を差し引いたものです。
つまり、2000万円の住宅をローンで1600万円借りて購入する場合、頭金は400万円です。

 

住宅を購入するとき、住宅の価格の20パーセント以上、最低でも10パーセントの頭金が必要だといわれています。
すなわち、頭金を2000万円とするなら、約1億円の住宅を買うことも可能だということです。


しかし、今後の年収やローンを返し終えるまでの期間も考慮する必要があるため、必ずしも一億円の住宅を購入できるというわけではありません。

ですので、頭金で考えた後は、ローン返済の観点から予算を決めるようにしましょう。

 

□予算をオーバーしたときはどうしたらいいの?

せっかく家を建てるのだから妥協したくない、とこだわってしまい予算をオーバーしまうこともありますよね。
そんなとき、費用を予算内に抑えるにはどうすれば良いのでしょうか。
ここからは、予算をオーバーしたときの対処法についてご紹介します。

予算をオーバーしたときは、間取りをシンプルにしましょう。
シンプルな設計にすれば、材料や工事にかかる費用はかなり抑えられます。


具体例を挙げると、切妻屋根を片流れ屋根に変えることです。
これだけでも、材料や工事にかかる費用は全然ちがってきます。

 

また、費用を削減する方法のひとつとして、不必要な廊下をなくすことが挙げられます。
廊下をつくらなくても良いとなると、費用の削減だけではなく、住宅の面積を減少にもつながり、さらなる予算の削減が可能となります。

予算をオーバーしたときはぜひシンプルな間取りにすることを心がけてください。

 

□まとめ

当事務所では、他社と比べて安くしかも予算内、ローンの返済が少なくなる夢のマイホームの実現を行っております。

上記「注文住宅の予算の決め方や予算をオーバーした際の対処法」に関してお悩みの方は、下記ページをお気軽にご覧ください。

https://www.kashimacity.com/kenchiku-report/


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。