注文住宅を購入しようか迷っている方へ!注文住宅の進め方をご紹介します!

「注文住宅はどうやって進めて行くのかな」
「打ち合わせが不安だから、注意することがあれば知りたい」
佐賀にお住まいで注文住宅をご検討中で、このように考えている方はいらっしゃいませんか。

そこで、今回は注文住宅の進め方と打ち合わせで失敗しないために注意することをご紹介します。
参考になれば幸いです。

 

□注文住宅の進め方とは?

注文住宅をご検討中の方の中には、注文住宅が完成するまでどのように進めて行くのか気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは、注文住宅の準備から完成までの進め方をご紹介します。

まずは、準備期間から進めて行きます。
どんな住宅を建てたいのか、理想の住宅のイメージを明確にします。
また、資金計画を立てて費用の準備を始めます。
土地がない方は、ここで土地探しを始めましょう。

次に、契約や着工に入ります。
設計プランを決め、間取り、内装、外装の打ち合わせを行います。

工事着工後は、近隣への挨拶を行います。
工事の進捗状況の確認をその都度行うと良いでしょう。
壁紙やカーテンを決める打ち合わせをこの時期に行っていきます。

完成後は、完成立ち会いで最終的なチェックをします。
完了検査が終了したら、引き渡し、支払いをしてこの流れは終了します。
準備から完成までの全体像を掴んでいただけたら幸いです。

 

□打ち合わせで失敗しないために注意することをご紹介!

ハウスメーカーや工務店との話し合いは、注文住宅を完成させるために非常に重要です。
それでは、ハウスメーカーや工務店との打ち合わせで失敗しないためのコツをご紹介していきます。

1つ目は、施工会社の話を聞くことです。
施工会社が得意とする分野が会社ごとにあります。
それゆえ、まずはおすすめするポイントを優先的に聞いて、できるだけおすすめするポイントを中心に考えていくと良いでしょう。

2つ目は、予算と要望のバランスを考えることです。
これだけはどうしても優先したいと思える部分を優先して採用していきましょう。
事前に優先順位をつけておくとスムーズに話し合いが進みますね。

3つ目は、わからないことはしっかりと聞くことです。
平面図だけで分からない部分があれば、写真や絵などで具体的に聞いておきましょう。
イメージを明確にせずに決めるとのちに問題となる可能性もあるからです。

 

□まとめ

注文住宅の進め方と打ち合わせで失敗しないために注意することをご紹介しました。
進め方の全体像を把握していただけましたでしょうか。
予算と要望のバランスを考えるためにも事前に優先したいことを決めておくと良いですね。


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。