注文住宅をご検討中の方必見!予算オーバーしてしまった際はどうする?

「予算をオーバーしちゃったけど、どうすれば良いのかな」
「予算をオーバーしないように予算の決め方について知りたい」
佐賀で注文住宅の予算を検討中で、このように考えている方のための情報発信!
そこで今回は、予算オーバーしないための予算の決め方と予算オーバーしてしまった際にどうするかをご紹介します。

建築サポートは佐賀県の建築事務所ですが家づくりサポートは全国対応です。

 

ムダゼロの原価建築の原価と利益について | 嬉野市 鹿島市 武雄市での注文住宅・見積なら 佐賀 建築サポート (plan-mitsumori.com)

 

□予算オーバーしてしまった際にコストカットするにあたっての注意点とは?

1つ目は、構造部と外側を守る部材をケチらないことです。
住宅を建てる上で最も大切にしたいのは、安全性です。
そのため、予算オーバーをしたからといって住宅の安全に関わる部分を削ることはできるだけしないようにしましょう。

例えば、柱は耐震に関わる重要な部分です。
また、天窓を含めた窓(サッシ)は常に雨風や紫外線にさらされるので、断熱のためにもなるべくグレードは落とさないことをおすすめします。

高断熱サッシを使用ください。

 

2つ目は、設備機器を積極的に見直すことです。
例えば、キッチン設備の場合、メーカーが出している既製品のシステムキッチンとオーダーメイドでは、オーダーメイドの方が金額は高くなります。
メーカーが出す既製品はどの人が使っても使いやすいように設計されているので、機能的に劣るものではありません。
オーダーメイドにしたいと考えていた方も、既製品も検討してみてはいかがでしょうか。

結構、安く買えます。

 

□予算オーバーしないための予算の決め方についてご紹介します!

予算オーバーをしてコストダウンをする際の注意点を知っていただけたでしょうか。
それでは、そもそも予算オーバーをしないための予算の決め方をご紹介します。

予算を出したい際は、年収から計算する方法があります。
一般的に、住宅購入にかけられる費用は、年収のおおよそ5~7年分と言われています。


例えば、年収が500万円であれば、住宅購入にかけられるのは2500万円~3500万円になりますね。

このうち頭金は、おおよそ2割以上とされる場合が多いです。
貯金はいくらあるのか、頭金はいくら払えるのか、家具は新しく買うのかなども踏まえつつ、年収と貯蓄の状況から予算を立てていきましょう。

 

予算オーバーしないためには最初にきちんと予算を決めることです。

建物本体以外にも数百万円単位のお金がかかるのでこちらも忘れないように!

 

□まとめ

予算オーバーしてしまった際はどうするか、予算オーバーをしないための予算の決め方をご紹介しました。
予算をオーバーしてしまった際も安全性は確保することが注意点です。


予算を出す際には、頭金を払うことや、お金は住宅購入だけにあてられるわけではないことを頭におきながら考えられると良いですね。


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。