注文住宅をお考えの方で予算が足りない方へ!ローコスト住宅は後悔することがあります

予算を抑えて注文住宅を建てたいとお考えの方の中にはローコスト住宅を検討している方もいらっしゃるでしょう。
しかし、ローコスト住宅を建てて後悔したという声をよく耳にしませんか。
そこで今回はローコスト住宅の概要と後悔ポイントについて解説します。

この記事を読み、家づくりを成功させましょう。

 

□ローコスト住宅って何?

そもそもローコスト住宅についてあまりご存知でない方も多いのではないでしょうか。
ここでは概要について解説します。

ローコスト住宅とは建築コストをあまりかけずに建てられる住宅のことです。
一般的な注文住宅は坪単価が60万円以上かかってきますが、ローコストだとその半分の値段で建てることも可能なのです。

それではなぜこのような低価格が実現可能なのでしょうか。
主な理由は部屋数を減らし、建材、建具、設備などの量を減らしていることや人件費、広告宣伝費の削減などが挙げられます。
また材料を一括で生産し仕入れることで原価を下げていることも理由の1つです。

家を建てたいが貯金があまりない方や家族のためのお金を貯めたいとお考えの方に最適の住宅と言えるかもしれません。

 

□ローコスト住宅で後悔したポイントをご紹介!

ローコスト住宅を購入して後悔したケースはとても多く見受けられます。
この記事でもローコスト住宅は、以下のような後悔ポイントからあまりおすすめしていません。

1つ目は使い勝手が悪いことです。
ローコスト住宅の1番の魅力はもちろん費用を抑えられることですが、最大限までコストカットしたことでコンセントや窓の数が足りないなどの不満点が見つかることもあります。
このような住宅はあくまでも価格面が最優先されるので、使い勝手はどうしても悪くなってしまうのです。

2つ目は間取りの自由度が低いことです。
人件費を削減するので、自由設計と謳っていたとしても制限がかかりすぎて結局自由に間取りを決められないことも多いです。
何もできない状態だと注文住宅を購入した意味がなくなってしまいますよね。

3つ目は温度調整がうまくいかないことです。
断熱や気密性は気づきにくいのでいくらでもコストカットできます。
しかし、快適に過ごすためには家の温度調整は欠かせません。
また断熱性や気密性を補うために高額な電気代がかかってしまうでしょう。

 

□まとめ

この記事では、ローコスト住宅について解説しました。
ローコスト住宅とは一般の住宅よりも建築コストを抑えて建てられる住宅のことです。
間取りの自由度や使い勝手が低いことで後悔するケースが多いです。
この記事を注文住宅の参考にしていただけると幸いです。


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。