注文住宅の予算の削り方について解説します!

注文住宅を建てる際は、夢に描いていた理想の住宅を実現させるためにさまざまな工夫を凝らした設備やデザインを取り入れたいですよね。
しかし、その分だけ費用はかさんでしまい、費用がオーバーする可能性があります。
そこで今回は、予算の削り方について佐賀の建築サポートが解説します。

 

□予算の削り方について

注文住宅を建てる際、おしゃれで利便性の良い住宅を実現したいですよね。
しかし、デザインや設備だけに目を向けていると、気が付かないうちにコストオーバーに繋がってしまいます。
ここからは、コストオーバーしてしまった際の予算の削り方について紹介します。

 

1つ目は、シンプルさを意識することです。
注文住宅は選択肢がたくさんあるので、屋根や住宅の形にこだわりたい方も多いですよね。
しかし、複雑な形であれば工事にかかる費用やメンテナンスにかかる費用が高くなってしまいます。
そのため、なるべくシンプルさを意識して設計するようにしましょう。

 

2つ目は、間仕切りを減らすことです。
住宅の間取りを考える際は、間仕切りをなるべく少なくすると費用の削減に効果的です。
部屋数が多くなってしまうと、部屋同士を仕切るための壁などを設置する必要があるため、費用がかさんでしまいます。
オープンな空間を意識すると、費用が削れるのでおすすめです。

 

□削らない方が良い箇所について

住宅に備える設備や間取りなどを見直すのは、コストダウンに効果的ですが、削らない方が良い箇所もあります。

まずは、水回りの設備です。
水回りは快適な生活を実現させる上で、非常に大切な箇所です。
工事費を安くするために別の会社に工事を依頼する方もいますが、結果的に高くついてしまったり、スケジュール調整などでトラブルが起きたりする場合が多いです。
特別なこだわりがないのであれば、そのまま依頼した会社に任せるようにしましょう。

 

次に、セキュリティーに関する設備です。
費用を削るために外構の設備を変えるのは、あまりおすすめしません。
特に外構の設備で防犯対策を担っている箇所は、なるべく削らないようにしましょう。
安心安全の生活を手に入れるためにも、セキュリティー面には力を入れておくと良いですよ。

 

□まとめ

今回は、予算の削り方について解説しました。
この記事で紹介した内容を参考に、費用を削減しましょう。

当事務所では、他社と比べて安くしかも予算内、ローンの返済が少なくなる夢のマイホームの実現を行っております。

 

希望の家を安く建てたい方はこちらのページへ

【佐賀 建築アドバイザー】低コスト!高品質!自由設計の注文住宅・建築費削減サポート (kashimacity.com)

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。