注文住宅の購入を検討している方へ!総費用の内訳について解説します!

希望の家を安く建てたい方はこちらのページへ

【佐賀 建築アドバイザー】低コスト!高品質!自由設計の注文住宅・建築費削減サポート (kashimacity.com)

 

注文住宅の購入を検討しているあなたは、その完成までにどのような費用が必要なのか知っていますか。
注文住宅を建てる際は、本体工事費以外にもさまざまな費用が必要となります。
そこで今回は、注文住宅を建てる際に必要な総費用の内訳について、佐賀の建築サポートが解説します。

 

 

□注文住宅を建てる際に必要な総費用の内訳について

 

ここからは注文住宅を建てる際にかかるさまざまな費用について紹介します。

1つ目は、土地代金です。
注文住宅を建てる前に、まずは土地を探す必要があります。
自分で土地を持っていれば問題はないですが、持っていない場合は新しく土地を探す必要があります。
その際には、仲介手数料などの諸費用もかかるので覚えておきましょう。

2つ目は、本体工事費です。
これは、あなたが考えたデザインや設備を実現するためにかかる工事費用です。

3つ目は、付帯工事費です。
これは住宅を建てるための工事ではなく、地盤に関する調査やガスや水道に関する工事にかかる費用です。
工事の担当者が使うための仮設トイレなどの費用も含まれるので覚えておいてくださいね。

4つ目は、税金です。
注文住宅を建てる際には、さまざまな種類の税金を納める必要があります。
消費税だけではなく、印紙税などの聞きなじみのない税金もあるので注意しましょう。

この4つ以外にも注文住宅を建てる際に必要な費用はあるので、事前にきちんと把握しておくのがおすすめです。

 

 

□コストオーバーを避けるための方法

 

注文住宅を建てる際は、費用がオーバーしやすい傾向があります。
なぜなら、理想の住宅を実現するためにいろいろな設備を取り入れていると、費用がかさんでしまうためです。
ここからは、コストオーバーを避けるための2つの方法を紹介します。

1つ目は、収納スペースについてです。
収納スペースを広めにとっておくのは実用的ではありますが、スペースを広げれば広げるほどコストが高くなります。
あなたの荷物の量に合った収納スペースを設けるようにしましょう。

2つ目は、食洗器などのオプションについてです。
最近は食洗器や浴室乾燥機などが流行っているので、注文住宅を建てる際に取り付けようと考えている方も多いでしょう。
しかし、それらの設備は生活を始めてみるとあまり使う頻度が高くない可能性もあります。
さらに、これらの設備は住宅が完成した後でも取り付けられるので、住宅が完成して実際に生活を始めてみてから検討するのがおすすめです。

 

□まとめ

今回は、注文住宅を建てる際に必要な総費用の内訳を解説しました。
この記事を参考にして資金計画を進めましょう。

当事務所では、他社と比べて安くしかも予算内、ローンの返済が少なくなる夢のマイホームの実現を行っております。

ハウスメーカーより500万円安く家を建てる方法

▽▽

https://www.kashimacity.com/miraihouse/index.html


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。