注文住宅にかかる費用の平均はいくら?予算内で住宅を実現するための方法!

建築サポートの家づくりサポートは「安心予算内で希望の家を建てたい人」だけの家づくりサポートです。

予算が十分ありハウスメーカーのブランドがいいという人向けではありません。

 

安くても理想の家を建てたい方はメルマガに登録ください。

あなたの理想の家が予算内で実現します。

日本で一番安くて良い家を建てる方法です。

▽▽クリック

失敗しない家づくり塾(基本編)全6回・無料 (1lejend.com)

 

「注文住宅の購入を検討している」
「注文住宅を建てる際にどのくらいの資金が必要なのか知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
住宅を建てる前に、費用について細かく知っておきたいですよね。

そこで今回は、注文住宅にかかる費用の平均について佐賀の建築サポートが解説します。

 

□注文住宅にかかる費用の平均について

注文住宅の購入を検討している方の中には、費用面で不安を感じている方は多いでしょう。
住宅を一から建てるので、建売住宅に比べるとトータルコストが高くなってしまう傾向があります。
それでは、具体的にどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

 

結論から言うと、注文住宅の建築にかかる費用の平均は3,300万円です。
この費用は、建物と外構に関する工事にかかる費用の平均です。
しかし、住む場所によってもこの数字は大きく変動するので注意が必要です。

また、1,000万円台で注文住宅を実現している方もいらっしゃるので、仮に3,300万円の資金がなくても注文住宅の建築は可能です。
あくまで平均の数字なので、参考程度にしてください。

 

□少しでも費用を削減するための方法

注文住宅を建てる際は、さまざまな選択肢があるので、気付かないうちに費用がオーバーしてしまう可能性もあるでしょう。
しかし、住宅が完成した後の支払いを考慮すると、費用がオーバーするのは避けたいですよね。
ここからは、少しでも費用を削減するための方法を2つ紹介します。

(ムダな費用を減らすことは当然として)

1つ目は、床面積を減らすことです。
住宅を建てる際は、規模が大きければ大きいほど費用がかさんでしまいます。
費用を削減するためには、なるべく住宅の規模が大きくならないように設計しましょう。

 

2つ目は、仕上げ材選びにこだわることです。
一口に仕上げ材と言っても、さまざまな種類があります。
そのため、価格帯にも大きな違いがあります。

費用面を第一に考慮するのであれば、大量生産されていてコストが低いものを選ぶと良いでしょう。
自分たちがこだわりたい部分には多少コストがかかる仕上げ材を使うようにすれば、全体にかかるコストは削減できます。

 

□まとめ

今回は、注文住宅の費用の平均について紹介しました。
理想の住宅を建てるために、この記事を参考にしてくださいね。

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。