私は変わり者だと自分でも思う!

他の建築会社が顧客第一と声高に言えば、施工してくれる職人や付き合いのある建材店の

 

利益を第一に考え、また他社が利益を出すことを第一の目標にしているなら、利益は関係なく

 

顧客サービスをしたり、他社が見積もりをきちんと出さないなら、きちんと原価まで公開するような

 

見積もりを作ったり、他社が明細まで詳しく出すというなら、見積もりも出さないで予算だけ

 

聞いて契約したりする。

 

 

それが私であり私の実態です。

 

他社と同じことをするのが大嫌いで他社が揃って右を向けば私は左を向きます。

 

他社が揃って左を向けば私は右を向きます。

 

そうすることが施主にとっては一番いいからと心から思っているからです。

 

住宅業界の人と同じことをすることは、施主にとってちっともいいことはないと思っています。

 

 

こんな私を常識ある住宅業界の人は変人、変わり者というのでしょうか?

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net