結露は家の大敵!家が腐ってきます。

結露を防ぐには?

 

冬、窓ガラスに水滴が付きます。

 

これが結露です。

 

 

この水滴、湿気がカビの発生、ダニの発生につながります。

 

このダニの死骸はアレルギーの原因にもなっています。

 

また結露は窓ガラスだけでなくいろいろなものに発生します。

 

一般的に見落としなのは壁の中の結露です。

 

 

この壁内結露は住宅を支えている土台や柱などを

 

腐らせる原因にもなっています。

 

 

昔の家は隙間だらけで常に換気され、家の中が蒸れるようなことは

 

無かったのに、現代の密閉された住宅では湿気も行き場を失っているのです。

 

では、これらの問題を解決するためにはどうしたら良いのでしょうか?

 

 

ポイントは3つあります。

 

1・家の断熱化(窓のや壁、屋根、床下の断熱化)

 

2・室内の仕上げは調湿性能が高い素材を使用

 

3・適度な換気(24時間機械換気、窓開け換気)

 

結露を発生させないようにするには、家の断熱化が重要です。

 

簡単に言うと結露は空気中に含まれる水分が、

 

冷えた物体に接触し、冷やされて水滴となる現象です。

 

 

この結露を防ぐには家の断熱化をする必要があり、

 

結露が発生する窓ガラスを高断熱サッシにすることです。

 

 

できるだけ冷えた外気が室内に伝わらないように

 

しなければいけません。

 

 

また、室内の壁や天井がビニールクロスの場合、

 

湿気の逃げ場がないので結露しやすくなります。

 

できるだけ調湿性能が高い塗り壁や自然素材を使うことです。

 

 

結露を防ぐには、断熱性能を高め床、壁、天井は自然素材、

 

しっかりした換気計画、これで結露で悩むことはなくなります。

 

もちろん水蒸気を多く発生させるような暖房器具を控える

 

ことも大事ですね。

 

 

壁の中の結露を防ぐには、断熱材を隙間なく入れ、

 

壁の中に入った湿気を排出する通気層があれば問題ありません。

 

断熱材に隙間があるとそこから冷えた空気が入り室内からの

 

湿気を含んだ暖かい空気がぶつかり結露します。

 

 

壁内結露を防ぐためにはいろいろな工法は必要ありません。

 

断熱材を隙間なく入れ(これ最も重要)、入ってきた湿気を通気層や

 

調湿性の高い素材を使って外に排出すればいいだけです。

 

繊維系の断熱材を使う場合は特に通気層が大事になります。

 

 

 

 

新築の家でも結露対策を真剣に考えないと

 

必ず結露が発生します。

 

 

グラスウール断熱材、ビニールクロスとアルミサッシ、換気扇だけの

 

換気、ファンヒーターでの暖房、この組み合わせは

 

結露が出やすい。

 

 

今どき結露がでるような住まいは大金を使て

 

建てる意味がありません。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net