2世帯住宅を建てる時の注意点

 

「実家を増改築して二世帯住宅にしようと思っています。

両親は無職なので資金は息子である私が全て出す予定ですが、土地と建物は父の名義です。

この場合、何か税制上の問題はあるでしょうか」という質問がありました。

 

今回のケースでは、原則として建物の所有者が増改築部分の所有者になります。

つまり息子から父親へ増改築部分の所有権が移転する(贈与)ため、

 

息子が「増改築費用を私に払ってください」という権利を行使しないと父親に

対して贈与税が発生する可能性があります。そうしないためには

「親子で増改築資金の貸し借り契約書を作成し、利息なども含めて適正に精算する方法」

 

「増改築分の資金と建物の持分の価値が等しくなるように、息子にその持分の

移転登記を行う方法」「付合が生じないように、例えば1階

と2階を区分所有登記で別々にしてしまう方法」などがあります。

 

ただし、これらの対策を行っても、その方法によっては「父親に

譲渡所得の課税」などの問題が生じる可能性もあります。

 

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。