一部の賢い施主から選ばれるブランドがある大手建築業者よりムダゼロ原価建築

佐賀県内の建築会社の中で自然素材の無垢の木や塗り壁・家中が夏は涼しく冬は暖かい高断熱・台風や地震に強い高耐震・大手ハウスメーカーにも負けないデザイン性が高い健康住宅の分野で一番コストパフォーマンスが良く適正に安く建築ができる建築会社に選ばれました。

佐賀で家を建てる人のほんの5%~8%の人からの支持です。

 

ん~よくわからない!

そんな人もまずはメールをください。

色々な話ができるかと思います。

また、大事な家づくりのことをお伝えできると思います。

あなたと私の関係はどちらが上とかどちらが下とかそのような関係ではありません。

お互いに対等で信用して信頼してお互いがメリットがあるから家づくりができるのです。

迷惑な売り込み説得一切ありませんから安心して読み進めてください。

 

ムダゼロの原価建築とはハウスメーカーや建築施工会社の中間マージンやムダな経費を全部省いて施工費や材料費、設計費や必ず必要なアフターの費用だけで家づくりをしましょうというものです。

製造原価での家づくりですから結構安く建築できます。

良い家が安い家づくりということで今後の賢い施主さんの家づくりとして注目されています。

 

佐賀の注文住宅を安くするプロジェクト。

 

佐賀でローコストを売りにしている住宅会社おすすめ5選 | 佐賀市で理想の注文住宅を建てるならここ!口コミで評判の住宅会社5選! (sagashi-customhome.info)

 

ただ、ローコストが売りで一番と言われても複雑な気持ちです(笑)

本当は安さが売りではなく、良い家が安い。安くてもよいい家。

施主さんの予算の中でムダなコストを省き、他社よりもいい家にする。

これが一番です。

 

品質、性能、住み心地、快適、省エネ、心身共に健康な暮らしを大手ハウスメーカーときちんと比較してほしい。

本当は佐賀県の注文住宅で品質、性能、デザインが良い家が一番安い!

 

ムダゼロの原価建築ですから当然と言えば当然です。

(佐賀市1000人のアンケート結果ということです)

佐賀市で理想の注文住宅を建てるならここ!口コミで評判の住宅会社5選! (sagashi-customhome.info)

 

「ムダゼロ原価建築」のお問合せをいただきますが少し内容の説明をします。

今後、この家づくりの方法をブランド化したいと思っています。

内容は至ってシンプルです。

ムダゼロ原価建築の言葉通りで、ムダなコストはかけない家づくり法です。ムダなコストとは設計費、施工費、材料費そして業者の適正な利益以外のコストです。

材料を買うときや元請けから下請けに仕事が流れる時の中間マージンや多すぎるモデルハウスの維持費や営業マンの経費、自社ビルの維持費や株主の配当、高額な社長の報酬などなど。

 

もちろん、すべてが不要とは言いませんが施主にとってはムダな経費が多すぎると言わざるを得ません。

そもそも個人の住宅建築に大手企業は必要か?

深く掘り下げるとここまで考えないといけません。

戸建て住宅を建てるぐらいは、いい方は悪いかもわかりませんが、地元の大工さんや左官さん、その他の職人さんそして図面を引ける建築士さんと現場を管理する現場監督がいれば問題なくいい家が安く建築できるのです。

 

戸建て建築には現場を知らない大企業の存在価値はありません。

大型の公共工事等はもちろん大企業の仕事です。

 

戸建て建築には、これら不要なムダなコストを省いて必ず必要なものやことにお金を掛けましょう。

そういう家づくりはがムダゼロ原価建築です。

この至ってシンプルで当たり前の家づくりをすると同じ大きさ同じ材料、仕様の家でも普通の工務店より300万円、大手ハウスメーカーより1000万円は安くなります。

 

結構なコストカットが可能になりますが、不思議なことでも、あり得ないことでもありません。

家づくりに不要なコストを確実に省いただけです。

そして、ムダゼロ原価建築の価値は単に良い家が安くできたということだけではなく、建てた後の住宅ローンの支払いが楽で建てた後の人生が家族と楽しく暮らせる。

 

35年間という長い期間、住宅ローンに追われる人生は面白くも楽しくもありません。

もちろん、この家づくりだけで誰もが幸せになるとは言い切れませんが、ムダに高い家を買って休みもなく趣味も諦め、家族旅行も楽しめない。

そんなことにならないための家づくりです。

 

また、今は佐賀で注文住宅の施工を請け負う、大工さんや左官さん基礎屋さんなどの職人さんが不足しています。

他の県はよくわかりません。

 

佐賀の注文住宅をこれから担う若い後継者がいないのです。

それはなぜでしょうか?

原因は職人の賃金や休みの待遇が他の業界と比べたら著しく悪いからです。

元請けが多くのお金をとり儲け、現場で働く大工や左官その他の職人にちゃんとした手間賃が支払われない現在の家づくり。

現場は悲鳴を上げているのです。

 

表には出てきませんが、現場の職人はギリギリの中で命を守って家族を守っています。

私が現場で仕事をしていた時に若い現場監督から言われたことがあります。

20年くらい前のことです。

仕事はどうでもいいから早く工事を終わらせろ!

職人は他にいくらでも替えがいる。

この価格で仕事をしないと他に仕事を回す!

賃金の値下げを言い渡されました。

 

このことがあり、私は自分の会社を立ち上げました。

今後の家づくりを支える若い職人を育てる意味でもムダなコストは減らし職人の賃金アップや休日の固定化。長時間の労働をやめ、職場環境をいいものにしないと後継者は育ちません。

日本の木造住宅建築の危機と言ってもいいのではないでしょうか?

10年後の木造住宅はどうなっているのでしょうか。

木造住宅を建てる職人不足はこれからますます加速します。

10年後は大手ハウスメーカーも工務店も消滅するとまでいう人もいます。

 

そうならないことを願い、私に今できることをやるしかない。

 

家づくりにかかわる誰もが幸せになる家づくりがムダゼロ原価建築です。

人生は一度、一度しかない人生をハッピーに楽しく面白く過ごしたいじゃありませんか?

ムダゼロ原価建築はこういうことにもつながります。

高い家を買って家族が崩壊、家は売りに出す。このような家づくりは幸せになるための家づくりからすると本末転倒です。

あなたもムダゼロ原価建築でいい家を安く手に入れましょう。

最後に良い家を安くつくることは施主、業者、私も含めて誰もが幸せになる。

これはこれからも変わらないでしょう。

 

佐賀の注文住宅を安くする。

建築サポート 代表 高井弘一郎

 

□家づくりの流れ

1・住宅相談

2・家づくりサポート申し込み

3・資金計画書の作成

4・設計図作成

5・仕様書作成

6・工務店面談

7・工事契約

8・工事着工

9・工事完成

10・引き渡し

 

この家づくりの流れは建築サポートが良い家を安く建てるには一番いい家づくりの流れと思い、現在もこの家づくりの流れで進めています。

最初の住宅相談または家づくりサポートの申し込み後に資金計画を作ります。

この資金計画というのはあなたが欲しい家をいくらの予算で建てるか、実現するかということです。

 

土地代や建物費用、そして登記や火災保険などの諸費用それに地盤改良工事費や外構工事などの別途工事。

家具を買われるならその費用も必要ですし、家電を買われるならその費用も考えてください。

 

引っ越し費用なども業者に依頼する場合は忘れないようにしてください。

住宅ローンの経費や保証料も場合によっては50万円から80万円くらいにもなります。

後であ~この費用を見ていなかった!

とならないようにすべての費用を書き出しましょう。

 

□質問お願いします。

ムダゼロ原価建築のいい家を安く建てる家づくりの質問はカンタンです。

住所・氏名・建築希望時期・総予算をメールに書いて質問ください。

できれば件名は「ムダゼロ原価建築の質問」としてください。

多くの方からの質問をよろしくお願いいたします。

以下のフォームをご利用ください。

◎家づくり無料サポート質問フォーム

質問を以下のフォームにご記入ください。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    件名

    お問い合わせ内容 (必須)

    メッセージの確認 (必須)
    お問い合わせの内容がよろしければチェックボックスにチェックをいれていただき、
     送信ボタンをクリックしてください。

    多くの方々の参加で建築費や価格はさらに安くなり品質や住宅性能、素材はさらにいいものを使用できます。

     

    建築サポートでは佐賀県だけでも年間120人・棟の家づくりサポートをしています。

    早めに家づくり予定がわかる場合は先ほどの予約メールでご連絡ください。

    私の方でしっかり建築スケジュールを押さえておきます。

    出来ましたら1年以内の建築予定の方の予約でお願いします。

    2年先、3年先はスケジュールを押さえることができません。

    時期が重なる場合は少しお待ちいただくことになりますが、ご了承ください。

    ただ、職人さんの人件費が適切に払えない原価割れの安い予算の家づくりは引き受けるのが難しいのでそのあたりの金額がよくわからない場合はメールでお尋ねください。

    安さにも限度がありますことご理解くださいね。

     

    また、建築サポートの住宅相談は完全無料で費用は一切かかりません。

    できるだけ多くの人に良い家を安く建てていただきたいと考えています。

    気兼ねなくまた、売り込みや説得なども一切ありませんから何でも遠慮なく相談ください。

     

    □設計と施工業者、材料販売業者、そしてサポートを分けました。

    佐賀の注文住宅を安くするということで建築サポートを設立して15年になります。

    その結果行きついたのが、ムダなコストを減らす、ムダな作業はしない。

    材料費や施工費、設計費だけで家づくりをすればいい家が安くできるはず。

     

    これを機会に設計、施工、材料仕入れ、そして家づくりのサポートを完全に分けた家づくりを実行しました。

    それぞれの専門業種をそれぞれが責任を持って行うことができるので最小の経費や利益で家づくりを行うことが可能になりました。

    佐賀県の注文住宅をこのような形で提供できるのは建築サポートとその仲間たちです。

    ハウスメーカーより500万円以上安く建築できるのはこのような理由でもあります。

     

    □設計について

    大手ハウスメーカーなどでは社内の設計士兼社員が設計を行います。

    その場合は当たり前ですが、施主のための設計というよりは会社にとって都合のいい設計になりがちです。

    独立系の設計事務所と施工業者の社員の設計とは明らかな違いがあります。

    その一番の違いは施工業者による設計は施主の要望を一番に考えるというよりは会社の利益優先、施工のしやすさ、工期が早く終わる。

    このようなことで設計されます。

     

    しかし、施工会社と関係がない設計事務所の設計は違います。

    あなたの要望や理想の家の基本となる間取りや立面をあなたの話を聞きながら図面にしていきます。

    そして契約を急ぎませんし、あなたが納得いくまで設計するのです。

    それが設計事務所の唯一のメリットでもあります。

    設計事務所の設計料は30万円から50万円というのが一般的な相場です。

    ただ、建築家に頼むと300万円~500万円ととんでもなく高いです。

     

    □材料仕入れ

    良い家を建てるにはいい材料を使わなくてはいけません。

    家づくりでいい材料といえば無垢の木やぬりかべです。

    今は本物に似せた化学建材も多く使われていますが、やはり本物を使うことがいいでしょう。

    もちろん、本物の無垢の木や漆喰などのぬりかべと化学建材のフロアー合板やビニールと価格を比べるとどうしても本物の材料が高いです。

    しかし、これから30年、50年とその家に暮らすお考えならば多少高くても本物を使われることをお勧めします。

    これらの本物の材料を使っても安く予算内で建築できるというのが無駄ゼロ原価建築の良さでもあります。

     

    □断熱と耐震

    これからの家の基本的な性能として断熱と耐震があります。

    寒い冬、暑い夏、快適に暮らせていますか?

    家を建てて1年になるが新築の家でも冬は寒い、夏は暑い。

    おまけに冬は窓にはびっしりの結露がついてカーテンや窓枠もびしゃびしゃに濡れて困る。

     

    家を建てた工務店や建築会社に言っても、結露は仕方がないということ。

    こんな結露現象は普通で欠陥ではないのか?

    なぜ、工務店や建築会社は取り合ってくれない。

    というような相談も多くいただきます。

    夏涼しく冬暖かい、結露もない、そのような家が基本的な住宅性能です。

     

    もちろん耐震については大きな地震や台風が来ても壊れない。

    壊れても逃げるだけの時間はある。

    家が壊れても命が助かるというのは基本中の基本ではないでしょうか。

     

    □注文住宅の契約と予算オーバー

    よく聞く話で契約を急がされて契約したらその後の仕様決めで追加がどんどん増えて結局予算が足らなくなってしまった。

    契約には外構工事や地盤改良工事が含まれていないということで、後から銀行にお願いして追加の融資を受けた。

    このような話はよくあることです。

    なぜ、こうなるの?

    それは最初に資金計画をきちんと組まないからです。

    資金計画や見積、予算配分を最初にきちんと組めばこのようなことは起こりません。

    業者さんは契約を急ぐかもわかりませんが施主のあなたもそれに付き合う必要はないのです。

    毎月の住宅ローンや支払額を確かめて安全安心な家づくり計画や資金計画を立てないと後で失敗した、後悔することになります。

    間取りや仕様も大事ですが、お金のことはもっと大事ですので、業者との打ち合わせをする場合でも最初からしっかりお金の話をしましょう。

    建ててしまってからでは遅いのです。

     

    35年の住宅ローンの支払いが苦しくて折角のマイホームを売りに出し、それでも借金が残る人も大勢います。

    あなたはそのあたりもしっかり考えられて家づくりの計画をされていますか?

    あなたや家族が幸せになる家づくりです。

    なんのための家づくりかを間違わないようにしてくださいね。

     

    □施工業者

    家は施工業者次第です。

    価格も施工業者次第です。

    良い家になるのも普通の家になるのもあなたの拘りの家が実現するのも、実現しないのも全部施工業者次第です。

    そして、施工業医者は、大手ハウスメーカーからローコストメーカー、地元の建築会社、地域の小さな工務店、そして個人の大工さんまでいろいろな形態、業態の施工業者があります。

    今は設計事務所やコンサル会社、施工業者と施主とのマッチング会社などいろいろです。

    家づくりにおいて素人のあなたがどの施工業者に家づくりを頼めばいいのか?

    わかりますか?

     

    もしかしたら、建築会社と工務店の違いも分からないのではないですか?

    そのような状況で良心的な施工業者に巡り会う確率は限りなく低いと思われます。

    一度、施工業者を決めたらなかなか断りにくいものです。

    だから、納得するまで施工業者は決めない。

    不安や心配があるうちは施工業者を決めない選択が重要です。

    お金のことや家のこと、仕様や間取り、その他のことが全部わかってから納得してからの契約をぜひ実行してください。

     

    佐賀県を中心に全国の建築地での家づくりをサポートしてきた建築サポートからのお願いというか、注意してくださいねということです。

    佐賀の業者さんより都会の業者さんが少しビジネス的な話をされるようです。

    佐賀やその他の県で業者さん探しをしていますがそう思います。

    それも間違いではないですが、しっかりした施工をしていただきたい。

     

    結局のところ最初に施主さんがどこに家づくりを相談されるか?

    また、施主さんがどんな家をいくらの予算で建てたいのか?

    このあたりが非常に重要ですね。

     

    ここが大事なところではないでしょうか。

    佐賀の注文住宅の家づくり45年以上の経験や知識、技術、人脈がありますので家づくりのことは何でも相談ください。

    売り込みなんて一切ありませんよ。

     

    今日のところは、そんなところです。

     

     


    «   |   »

    予算不足の方はコチラ▼▼

    理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
    いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
    今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
    家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
    施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
    価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。