佐賀で注文住宅を検討している方必見!注文住宅でやってよかったこととは?

注文住宅は0から住まいづくりを進められるのが魅力ですよね。
しかし、選択肢が多いゆえに迷ってしまうこともあるでしょう。
そこで今回は、佐賀で建築サポートを行う当事務所が、過去に注文住宅を建てた方がやってよかったと感じていることを紹介します。

 

□注文住宅でやってよかったこととは?

家を建てるのは人生の中でも大きな行事なので、なんとか失敗は避けたいですよね。
住まいづくりを成功させるために大切なのが、過去に注文住宅を建てた方の意見を参考にすることです。
はじめに、注文住宅でやってよかったと感じていることについて紹介します。

 

1つ目は、収納についてです。
洗面所やリビングの収納を増やしたことで、使い勝手がよくなったという声があります。
特に洗面所は、化粧品やタオルのストックなどをたくさん入れられる収納があると良いでしょう。

 

2つ目は、水回りについてです。
水回りの人気の設備がタッチレスの水栓です。
手をかざすだけで水が出るので蛇口に触る必要がなくなり、掃除の手間も省けます。
このような細かな部分が充実していると、満足度が上がります。

 

3つ目は、防犯についてです。
防犯対策は、家族全員が安心安全に生活するためには欠かせません。
玄関のセンサーライトは、その防犯効果の高さから人気があります。
家に帰ってきた際には手元を明るく照らしてくれるので、防犯面以外でも役立ちます。

 

□注文住宅の失敗事例とは?

ここまで、過去に注文住宅を建てた方がやってよかったと感じていることをご紹介しました。
一方で、失敗例もたくさんあります。

 

まずは、キッチン回りです。
ガスコンロではなく、ガラストップで掃除がしやすいIHにするべきだったと感じている方は多いです。
また、キッチンの収納を広く取りすぎて持て余してしまうという失敗談もあります。

 

次に、水回りです。
水回りでは、節水型のトイレにすればよかったと後悔している方がいます。
節水型のトイレにすると約2年で水道代の差分で元が取れると言われているので、長い目で見るとメリットが大きいです。

 

最後に、リビングとダイニングの間取りです。
最近は住宅に開放感を持たせるために吹き抜けを取り入れたスタイルが人気です。
しかし、エアコンが効きにくくなるというデメリットも挙げられています。
冷暖房費が上がってしまう恐れもあるので気をつけましょう。

 

□まとめ

今回は、注文住宅を建てた方がやってよかったと感じていることについて紹介しました。
失敗例もご紹介したので、良い点は取り入れ、悪い点は改善することでより満足のいく住まいづくりになるでしょう。
この記事で紹介したことを参考にして、理想の住宅を実現させてください。


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。