普通の家と本物の家。あなたが建てたいのはどっち!

本物の家があるということはニセモノの家もあるということpでしょうか?

個人的にはニセモノの家があると思っていますが、ここでは普通の家といいましょうね。

普通の家とは巷で普通の工務店や建築会社が普通に作っている家です。

 

そう。

ビニールクロスや合板フローリングを使った家ですね。

本物の家というのは無垢の木や塗り壁や布クロスを使った家のことを言います。

ビニールクロスはビニールですが原料は石油から出来ています。

 

そして、合板フローリングは、木でできていると言えば木と言えないことも

無いですが、合板、ベニヤの上にスライスした薄い板を張った床板です。

本物の木を横から見ますと、年輪が見えますが合板フローリングは

サンドイッチになっていて接着剤で固めてあります。

syuusei muku

 分かりますか?本物の床板との違いが。

上が合板フロアー右が本物の1枚板の床板です。

普通の工務店に材料はどうしますか?と聞かれて

普通で良いですと答えれば、合板フローリングと

ビニールクロスの家に仕上がります。これが普通の家です。

ではなぜ普通の家を工務店は普通に使うのでしょうか?

 

それは価格が高いからです。

価格が高いとお客さんにあなたのところ高いねと言われ、受注の可能性が下がるからです。

でも本当は多くの工務店も本物の床板や塗り壁が良いと思っています。

なぜなら、自分の家を建てる時はできるだけ本物の無垢の床板や塗り壁を使います。

そして大切な家族が暮らすのでそれはなおさら本物の家をつくります。

しかしそれが商売となると本物の家を提案しにくい状況があるのです。

 

あなたは、本物の家と普通の家の違いは分かりますか?

一番の違いは呼吸するのが本物の家で普通の家は呼吸しません。

調湿性能があるかないかです。

調湿性能がある部屋は湿度がそれほど高くなりませんし、部屋の空気がさらっとしていて

冷暖房の効きも良くなります。

普通の家は湿度が高いので寒く感じます。

 

また、本物の床板は空気を多く含んでいて寒い冬でもそんなに冷たくありません。

温かいのです。

一方合板フローリングはひんやりと冷たいのです。

 

無垢の床や塗り壁、布クロスは他にも

長持ちする。

風合い味がある。

メンテナンスがしやすい。

逆にメンテナンスをしなくてもいい。

などの特徴があります。

 

もちろん予算の関係もありますが、予算が少なければ

床だけや寝室だけ、子供部屋だけというように使えばいいと思います。

 

本物の家が良いと思ったでしょうか?

DSC00067

DSC03155

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net