建築設計事務所と建築事務所、工務店の家づくりとは?

建築サポートは昔、工務店ということで家づくりをしていましたが、最近は

 建築事務所ということで家づくりをしています。

 一般の人には工務店と違い、その仕事の内容や立場などが 分かりにくいかと思います。

 

建築サポートの仕事は家づくりのアドバイスとサポートです。

お施主さんが欲しい家を欲しい価格で家づくりができるようにアドバイスやサポートをします。

 

お施主さんが欲しい家はこんな感じで家づくりを進めればいいですよ。

 

設計はこうしたらよくないですか。

 

工事はこんな会社がいいですよ。などなど。

 

そこでそのあたりを今日は少しお伝えします。

家づくりを考え始めた人が、私のところのような建築事務所や設計事務所に

 家づくりを依頼すると工務店の費用と+建築事務所、設計事務所の費用が余計に

 かかると思っている人が大勢おられるようです。

 

 たとえば、

 工務店の建築費2000万円+建築事務所、設計事務所の費用200万円=2200万円

 になるという具合ですね。

 

実はそうではなく、施主さんの予算が2000万円なら、

 工務店の建築費1800万円+建築事務所、設計事務所の費用200万円=2000万円

 という具合になります。

 

もちろん例外もあります。

設計事務所や建築事務所の実力次第ということもあります。

 

 

 

特別、建築事務所や設計事務所に家づくりの 設計や材料仕入れを依頼しても

 工務店だけに依頼するより高くなるということはありません。

 

逆に建築事務所や設計事務所に家づくりを依頼するメリットの一つは

 ムダなコストを削減し良い家を安く適正な価格で作ることにありますので

工務店に依頼するより安くて品質の良い家ができます。

 

 しかし、設計、施工、材料仕入れを工務店、ハウスメーカー1社に全て任せてしまうと、割高になります。

 なぜなら、どこからも価格に対してチェックが入らず、工務店の都合のいい値段で見積もりが出されるからです。

 工務店の都合のいい値段とはムダ経費や利益を多く含んだ値段です。

 

それを、施工は工務店、設計を設計事務所や材料仕入れを建築事務所で

 やると、ムダ経費が入る隙間がなくなり、適正な値段で家づくりができるように

 なります。

 

(もちろん工務店にも施工に必要な適正な経費、利益は必要ですので、その分の費用は

 キチンンと払う必要があります)

 

家づくりを工務店+建築事務所、設計事務所に依頼すると建築事務所、設計事務所の

 分の費用が割高になるというのは大きな誤解で、逆に安くなり適正になるというのが

 本当のところです。

 

そして、誰が建築費の見積もりを作るかにもよります。

工務店が見積もりを作るのか、建築事務所や設計事務所が見積もりを作るかに

 よってその家の見積金額に大きな違いがみられます。

 

工務店の見積もりは、1円でも1万円でも高く、施主に不信感を持たれないように

 経費や利益も分からないようにそれらしくつくられます。

それが施工で利益を出す建築会社の宿命です。

そしてそれは当然です。

 

建築事務所や設計事務所がつくる見積もり書は、出来るだけ施主に

 分かるように材料費や施工費を可能な限り分けて作ります。

 

それは、どうしてでしょうか?

 それは工務店と建築事務所、設計事務所の立ち位置が違うからです。

 考え方や業種や職種が違うからです。

 

工務店は、出来るだけ安い原価、材料を使い高い価格で工事を請け負い利益を出すのが、

一番の目的で そういう業種、職業です。

 

 しかし、建築事務所や設計事務所は施主に予算を聞き、その予算の中で背一杯の家づくりを

するのが一番の目的で、そういう業種、職業です。

 

建築会社、工務店の適正な経費や利益は多少の違いはありますが、2000万円の家で500万円~600万円です。

 建築事務所や設計事務所の適正な経費や利益は200万円~300万円です。

 

どちらが、施主さんにとって良いでしょうか?

どちらがいい材料をたくさん買えるでしょうか?

 どちらに依頼した方が良い家になるでしょうか?

 どちらが家を安く建てることができるでしょうか?

 どちらの家が品質がいいでしょうか?

 どちらが施主さんが損をしないのでしょうか?

 

 工務店の利益と施主の利益は敵対関係にあります。

 工務店が高い価格で儲かれば施主は損します。

 施主が安い価格で儲かれば工務店は損します。

 工務店と施主だけの家づくりはそのような関係になります。

 

そして建築のプロの工務店と建築の知識がない施主とは、 価格交渉もできない、

施工の良し悪しなどが分からないということで 対等になりません。

 

そこに建築事務所や設計事務所が入ることで、 建築の知識がない施主が

不利にならないような価格や施工、家づくり をすることができます。

 

 建築事務所や設計事務所に家づくりを依頼することは 工務店に依頼する時より

別途費用が多くかかるのではなく 施主の予算をきちんと守り、可能な限り安く、

適正に家づくりが 出来るということです。

 

 これで少しは誤解が解けたでしょうか(笑)

 

 ※

建築会社、工務店・・施工をするところ

 設計事務所・・設計監理をするところ

 建築事務所・・設計や材料仕入れを含む全体のアドバイス、サポート、資金管理をするところ

 

私の本業は建築事務所になります。

 

あなたが欲しい家をあなたの予算内で建てることが実現するようにアドバイス、サポートをします。

 

【建築サポートのメルマガ】

・自然素材や高断熱の家が安く建築可能

・自分が欲しい家を予算内で持てる

・大手ハウスメーカーよりいい家が500万円~安く建築できる

・住宅ローンの返済が少なくなる家づくりが可能になる

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net