注文住宅の価格をわかりやすくするために

今まで注文住宅の価格はわかりにくいモノでした。

建築業者に建てたい家と見積もりを依頼し見積もりを出してもらいそこで初めて家の価格がわかる。

しかし、その見積もりをみても高いのか?安いのか?数字の羅列だけでよくわからない。

それが今までの見積もりでした。

 

そこで建築サポートでは役に立たない見積もりを作るのをやめました。

電化製品や車と同じように本体価格表示にしています。

この方式が一番施主さんにはわかりやすく明確で便利だと思います。

もちろん、今までの明細の見積もりが悪いというつもりはないです。

施主さんに役にたたない。わかりにくいと思っています。

家づくりで大事なのは総額と詳細な設計図と仕様書です。

 

30坪の2階建ての木造住宅。

自然素材を使った高断熱住宅。

ローコストタイプ。

自由設計の注文住宅。

建築サポートの家づくりシステム。

温熱等級3程度。

耐震性能4程度。

建物工事費620万円税込み。

建物材料費780万円税込み。

設計監理費80万円税込み。

総合計1480万円税込み

坪単価49,3万円税込み

建築地佐賀県の場合。

土地代や地盤改良費、外構費、住宅ローン経費等は別途。

pre_sk (1)

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net