樹脂サッシと断熱工法関連情報

断熱性能が高い家をつくる。 これも建築サポートの昔からのコンセプト。

いい家を普通の値段で提供!ローコスト住宅でも樹脂サッシ仕様!

 

高性能、高断熱、省エネ住宅、健康住宅を建てている建築会社のすべての住宅に使っている樹脂サッシ。

夏涼しく冬暖かい家にするための必須の樹脂サッシ。

 

夏涼しく冬暖かい仕組み

キーワードは「断熱」「気密」「換気」です。

〇断熱(だんねつ)

断熱をすることで外の気温に影響を受けなくなるので、室内の気温を暑すぎず寒すぎない程度に保つことが出来ます。

建築時に断熱材を壁に埋め込んだり、断熱シートを使用したりすることで断熱できます。

〇気密(きみつ)

気密とは家の隙間を極力減らして空気の流通を妨げることです。

これによって、夏は生ぬるい空気が入ってくるのを防ぎ、冬は冷たい空気が入ってきて寒いという思いをせずに済みます。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net