家づくりは適正な価格・工事費で請け負わなければならない

建て主は可能な限り安い価格で可能な限り品質の高い家を

手に入れたいと思い、競争見積もりや複数の建築会社に

見積もりを取ったりして、価格を安く建てようと努力しておられると思います。見積もり

しかし、それが度を越してしまうと建て主も建築会社もトラブルに巻き込まれます。

相場や適正価格から大きく外れ安い価格で請け負ったばかりに建築会社が倒産し

建て主は完成引き渡しを受けられないケースも多くあります。

たとえば、木造住宅の平均的な価格は坪当たり55万円前後ですが

これを、坪当たり35万円で実際建てることができるでしょうか?

私が実際に過去に建てた規格住宅の工事費と比べても、この金額では無理があります。

 

工事費は高ければ、それで安心かというとそれも違いますが、安すぎる工事費での家づくりは

危険があります。

工事費が安すぎるということはお金に余裕がないことです。

想定していた工事費用がたとえ35万円だったとしても建築現場は何が起こるかわかりません。

マンション建設で良く聞くことですが、工事が始ってから近隣住民からの反対運動や

クレーム。

もしこの工事費がぎりぎりで、近隣対策費などがどこからも取れない状況ならどうなるでしょうか?

最悪、請負会社は倒産、下請の協力会社も工事費の未収金で連鎖倒産、建て主も完成の目途が立たず

建設中止しなければならないかもわかりません。

 

木造の戸建住宅でもそのような事例が数多くあるのです。

もちろん、価格が高いのも困りますが、安いのはもっと大変な事態を生みます。

大変な事態とは欠陥住宅です。

 

欠陥住宅が価格、建築費が安すぎるために起こる重大なトラブルです。

お金をを使わなければならないところにお金が使えない。

このような事態を招くのが安すぎる価格、工事費です。

 

楽しいはずの家づくりが一転、地獄のような結果を生まないように

適正な工事費できちんとした工事をしなければなりません。

私は工事を請け負わない代わりに、適正な工事費か、

安すぎる工事費かを公平な目で見ることができます。

そして、適正な工事費か安すぎる工事費か見逃さないように

工務店や建築会社から出された見積もりと毎日にらめっこです(笑)

 

ま~それが私の仕事のプロデュース・サポートの大事な仕事の一つです。

 

プロデュース・サポートは地道な仕事ではありますが、一人でも多くの方が

適正な価格で家づくりをしてもらいたいと思っています。

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net