今の家づくりのちょっと困ったこと

今の家づくりの問題。

、家の価格が高い。
、品質や住宅性能が普通か悪い。
、住宅会社が利益1番主義。
、価格や家の内容についての情報共有が出来ていない。

これを全部解決したのが、建築サポートの家づくり。

建築サポートの家づくりのメリット、特徴。

、他より価格が安い。
、他より品質、住宅性能がいい。
、他より材料とデザインがいい。
、いい家が安いけど自由設計の注文住宅。

例えば30坪の二階建ての自然素材、高断熱、高耐震のデザイン住宅のいい家を建てたとする。

工事費=600万円。
材料費=700万円。
設計監理費=50万円。
現場管理費=60万円
建築サポート=6ヶ月で150万円。

建築費は1560万円。

いい家を安く建てるには家の品質や材料の良し悪しに関係ない無駄な費用を一切省くことです。

家の品質や住み心地、住宅性能に関係ないムダな費用とは?
それは、住宅会社が家を売るために使う広告宣伝費やモデルハウスの費用、営業マンの人件費、そして住宅会社自身の多すぎる人件費や会社維持のための経費、下請けに工事を発注する時の中間マージンなどです。

本来の家づくりでは不用、必要なかった費用が今の家づくりにはなぜか必要ということで多くの住宅会社が建築費の中に入れてその費用を施主さんに負担させています。

このムダな数百万円の費用を省けば価格や建築費は適正になり安くなります。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net