家を資産とするか?負債にしてしまうかの分かれ道は?

資産にするか負債にするか。答えを決めるのは自分。 

 

 

 

 

先日、ある地方の中古住宅情報をチェックしていたら、

 

築40年の木造住宅が、土地代込みで250万円でした。

 

日本の建物の寿命は約26年と言われていることを考えると、

 

建物代は全く反映されていないのだろうな、と勝手に納得。

 

 

次に見たのは、築35年で800万円の木造住宅。

 

土地・建物の広さや利便性は、ほとんど変わりません。

 

ただ、画像を見ると、内観も外観も築35年とは思えない良い状態。

 

小まめにメンテナンスをしている様子がうかがえました。

 

 

ところで、

 

寿命が短い建物には、

 

安いけれど寿命が短い新建材などの工業製品が使われています。

 

また、メーカーごとに色やサイズを細かく変えられ、

 

異なるメーカーどうしの製品とは組み合わせることができないよう、

 

消費者目線ではなく、業者目線の製品を使われています。

 

 

このような材料で家づくりをすると

 

確かに、新築するときの工期短縮や費用軽減には役立つでしょう。

 

しかし、寿命が短い材料を使うと、

 

その分建物の寿命が短くなります。

 

シックハウスのリスクが高まることにもなります。

 

結局、将来的な費用負担を増やすことになりかねません。

 

 

 

「それはちょっとつらいな・・・」

 

と思うなら、新居に何年住みたいか、

 

自分たちが住まなくなったとき、その家をどう処分したいか、

 

といったことを考えてみましょう。

 

 

初めての家づくりでは、叶えたい希望が沢山でてきます。

 

絞り込むのは難しいものです。

 

そんな時は、先のことまで想いを巡らせてみましょう。

 

 

生涯に稼げるお金には限りがあります。

 

使えるお金にも限りがあります。

 

 

短命な家を建ててしまうと、その家は資産から負債に変わっていきます。

 

用心したいものですね。

 

 

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。