注文住宅を自分の予算内で安く建てるのは難しくない

注文住宅を安く建てるのは難しくない。

 

いい家を安く建てたい人はあまり難しく考えない方が

 

いい。

 

家づくりはとてもシンプルなんです。

 

 

家づくりは

 

「あなたが理想の家をあなたの予算内でできるだけ安くつくる」

 

これだけです。

 

 

ロケットを宇宙まで飛ばすのでもなく、バイオテクノロジーの

 

研究をしているのでもなく、自分が欲しい家を予算内で可能限り

 

安くつくることです。

 

 

それでも多くの人は家づくりは何か特別に専門知識が必要で

 

素人の自分たちにはどうすることもできない。

 

だからハウスメーカーや建築会社、工務店の言われるままに

 

契約してします。

 

 

これではいい家が安くできませんし理想の家を予算内で安く

 

つくることも出来ません。

 

 

私が家づくりはシンプルで難しくないというのは本当に

 

そう思うからです。

 

 

いい家を安く建てる手順さえ間違わなければいいからです。

 

 

その手順とは?

 

 

1・総予算(建築費)を決める。

 

2・設計図(間取・外観)決める。

 

3・建築費の安い工務店や建築会社を選ぶ。

 

 

これだけです。

 

ね、何も難しくないでしょう。

 

 

 

全て施主であるあなたが専門用語や建築のことを

 

知らなくてもできる作業をやればいいのです。

 

 

総予算は自分が住宅ローンをいくらまでなら払えるかを

 

考えて決めればいいし、間取りや外観は住宅雑誌や

 

ネットで見て好きな間取りや外観を決めればいいことです。

 

 

 

そして工務店や建築会社を決める時は、複数の業者に同じ

 

間取りや外観で見積もりを依頼し一番安い見積を出した業者

 

で決めればいいのです。

 

 

ここで一つだけ注意点がありますが、見積もりを依頼するときには

 

相見積もりだと業者に伝えるのか?

 

伝えないのか?

 

 

ここは専門家の間でも意見が分かれるところですが、

 

私個人としては相見積もりだと言わない方が良いかも

 

と思います。

 

 

相見積もりだと言うと業者は必ず、価格操作をします。

 

仕事を絶対取りたいと思っている業者は、施工品質を下げて

 

無理して安く見積を作りますし、仕事を取りたくない業者は

 

適正価格以上の高い建築費の見積を作ります。

 

また、相見積もりはしないという建築業者もいます。

 

 

これが相見積もりの欠点です。

 

私が工務店をしていた時の相見積もりの対応ですから

 

間違いありません。

 

 

ただ、単に建築費が安いローコスト住宅が欲しい方はこの考えは

 

当たりませんので逆に相見積もりだと宣言した方が安く見積もりが

 

出てきます。

 

 

あくまで、いい家を安くつくりたい方は相見積もりだと言わない方が

 

良いでしょう。

 

 

相見積もりだと適正な金額で見積もりが出てこない場合も多いので

 

注意が必要です。

 

 

ムリして安い価格で仕事を請けてしまい、欠陥住宅や不具合だらけの

 

家になった。

 

この原因は建築費が安すぎた。

 

これが一番の原因です。

 

 

いくら建築費が安くても、欠陥住宅や不具合が多い家づくりは

 

やったらいけません。

 

 

5社ほど見積もりを取ったら業者の相場や適正価格も分かるでしょうし

 

どの業者が安く施工してくれるかも分かります。

 

後は依頼したい建築業者と面談し信頼、信用できるか

 

色々話をしてこの業者で良いと決めたら契約すればいいのです。

 

 

ま~当たり前の話ですが。

 

 

このように家づくりはシンプルです。

 

あなたがいい家を安く建てたいなら、この順番で家づくりを

 

してください。

 

 

 

1・総予算(建築費)を決める。

 

2・設計図(間取・外観)決める。

 

3・建築費の安い工務店や建築会社を選ぶ。

 

 

この手順を間違わない限りいい家が安く建ちます。

 

 

 

 

いずれにしてもこの手順通りに家づくりをやれば

 

いい家を安く手に入れることは可能になります。

 

 

そこであなたにお聞きしたいのですが、このような

 

家づくりで一番難しいと思われることはなんでしょうか?

 

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net