理想の家作りをするために考えること

理想の家作りをするために考えること

 

 一言で家作りと言っても重要なポイントは人によって違います。しかし、理想の家作りをする為には、家づくりの流れを最初に把握しておくことがとても大事です。何故なら「こうしたい」というイメージが家作りの全体像を把握する事が家作りの完成系を左右するからです。

 

 

注文住宅なら尚更、余裕をもって事前に何をどうして行きたいのか、建設会社やハウスメーカーなどと綿密に話し合いましょう。

 

希望として部屋の数がいくつほしい等は必ずあると思いますが、そればかりに着目していると1つの希望が優先され過ぎて全体像が疎かになり「こうなるはずでは」という事態を招いてしまいます。

 

家を建てようとするときは、人によって様々な理由がありくつろぎや安らぎの為であったり、趣味を優先したり十人十色でしょう。

 

それに伴って、購入する住宅の種類までが決まってくるので何を目的にしてどういう使い方ができるのかをイメージしてから動き出すことが理想の家作りの一歩目です。

 

 

では、自分の要求をできる限り理想に近づけるには具体的に何を考えて家作りをすればいいのでしょうか?それは「何を優先して家を建てるのか」を考えておくことです。家について考えることはこれからと今までの人生を考えることと同義です。

 

大きく分けて事前の準備として大切なポイントは4つあります。

まず、どのくらいの予算を家作りに使えるのか業者に伝えることです。

 

予算内で必ず抑えなければならないのか、それともよりいい条件の仕様にできるなら予算内でなくてもかまわないのかは住宅の使い勝手に関わってきます。

 

次に家をどこに建てるのかで、立てられる住宅の仕様が決まってきます。

 

土地がどこにあり、広さはどのくらいなのかなど住宅をプランニングするにはとても大切な情報です。

 

用地そのものも低層や高層などといった区分もありますし、地盤の強さなども家を立てる際の費用に大きく関わってきます。

 

そして、現在の住宅の不満をプロに伝えることが大切になってきます。家作りの理想を誰かに説明するのは、相手も自分もある程度理解していなければ伝えづらいものです。

その為、現在の住宅の不満点からプロに伝えましょう。そうすることで、現在の不満点をブラッシュアップし理想の家作りに反映できるようになります。

 

最後は理想の優先順位を決めておくことです。注文住宅は理想を実現できますが、全てを叶えられるわけではありません。

 

 

制約の中でリビングの広さはこうしたい、部屋の構造はこうしたいなど多くの要望の中から優先順位を決めておきます。こうすることで、できる限りの要望を計画の段階で詰め込み更によいアイディアを反映した家作りを行うことが可能になります。

 

家作りで大切なポイントはある程度、決まっていますが瞬間的な思いつきで決められるものではありません。よく話し合い考えることが理想の家作りという目的に繋がっていくのです。家を購入する際は自分だけでなく、一緒に住む人達の意見も取り入れてみましょう。

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。