注文住宅の金銭トラブルは見積や契約書の不備

“私は長年、建築業界で働いていますが、建築業者と施主との金銭トラブルは

 

いくつか見てきました。

 

 

言った言わないの言葉のトラブル、いい加減な見積もりなど色んなものがあり

 

まして、金銭的なトラブルを減らすためには透明化されていった方が良いので

 

はないでしょうか。

 

 

 

金銭トラブルを防ぐポイントはいくつかありまして、将来の予定やスケジュール

 

をハッキリとさせておくことが大事です。

 

 

いい加減なものではなくハッキリと説明できるようにしていれば安心して取り組

 

むことができますし、突然何かしらの代金が発生することもなく、スケジュール

 

が組まれていれば支払いも行ないやすい訳です。

 

 

 

そして、契約する時に必要不可欠になるのが見積書となりまして、この見積書は

 

トラブルを回避するためにも正確な見積 いい加減な見積など、内容が大事となります。

 

 

建築業者の見積は必要か?と思われる方もいるかもしれませんが、私の体験からして

 

も見積書があるだけで安心感を与えられます。

 

 

口頭で説明しても専門的なことが分からない方も過去には大勢いまして、そういう時

 

は設計図や図面などの分かりやすいものも添えておきまして、何かしらのトラブルが

 

発生した時に役に立ちます。

 

 

 

要するに見積書があるだけで、当初の契約内容と代金の範囲内を把握することができ、

 

追加工事が必要な時でも請求がしやすくなるのです。

 

 

また、不透明な書き方をしていると、どこからどこまでが工事範囲か分からなくなりま

 

すから一番いい見積とは?

 

と聞かれた時に内容が明確に分かりやすいものと言えるでしょう。

 

 

 

一般的に見積書は注文者からの請求があれば交付しなければならないという義務が

 

ありますので、どんな業者でも用意しているものなのです。

 

ですから、いい加減なものにしか用意できない業者は信用できない

 

業者とも言えるのです。

 

この時の見積は明細が分かるのがいい。

 

 

見える化が行なわれることでトラブルを防げるようになるだけではなく、

 

事前に信用できない業者を避けられるという意味でもあります。

 

私の経験からしても金銭的なトラブルを防ぐ方法として契約前に必要書類

 

をしっかりと用意できるか、中身は問題ないかを確認しておくと間違いない

 

かと思います。

 

 

これらは当たり前のことですが、この当たり前が出来ていない業者や施主さん

 

も多いのです。

 

 

契約前には見積の中身を分かった上で契約をしてください。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net