注文住宅・建築サポートのアドバイスサポート費用

注文住宅・建築サポートのアドバイスサポート費用。

建築サポートは家づくりのアドバイス、サポート。

後はコンサルティングやプロデュースです。

 

工事請負や設計監理はしておりません。

施主目線や施主の立場でホンネで家づくりをアドバイスサポートしてくれる

専門家がいない、探すことができないという多くの方々からの要望があり、

建築サポートの注文住宅・家づくりのアドバイスサポートを立ち上げました。

 

今までの家づくりにはない革新的な家づくりです。

 

建築サポートの費用は完全な成果報酬を採用しています。

施工工務店との工事契約や建材店やメーカーとの建材販売契約、設計事務所

との設計契約などができた場合のみ建築サポートの報酬を頂きます。

 

要するに建築サポートのアドバイスやサポートにより工事契約まで問題なくトラブルなく

上手く進んだ場合に成功報酬を頂きます。

上手くいかない場合は費用は不要です。

当然ですが。

 

■タイプA企画設計施工のアドバイス・サポート・コンサルティング・プロデュース

成果報酬:30万円(税別)

■タイプB企画設計施工のアドバイス・サポート

定額料金:15万円(税別)

■メール住宅相談:無料

R1・8月現在

料金は諸事情で今後、変更する場合もあります。

 

 

 

 

今は3000万円の家を建てて、

ハウスメーカーの粗利益が1200万円前後。(建築費の40%)

建築会社の粗利益が900万円前後。(建築費の30%)

工務店の粗利益が750万円前後。(建築費の25%)

設計事務所の設計監理費用が360万円前後(建築費の12%)ですので

建築サポートの費用はかなり安いです。

 

ただ、ハウスメーカーや建築会社等の粗利益や建築サポートの

サポート料が高い、安い、適正、いくらかという事は大きな問題ではありません。

 

大事なのは施主さんの予算内で、できるだけムダな費用を省き

施主さんが欲しい家ができるか?

出来ないか?ここが一番重要なのです。

 

出来るだけ予算の中でいい家を建ててもらいたいし、

出来るだけ建築費・価格を安くしたい。

 

出来るだけ効率よくいい家を安く建築できるサポートをしたいし

出来るだけ全国の方にこの家づくりを利用してもらいたい。

 

そのような考えからアドバイスサポート料を30万円から50万円程度に

設定しています。

 

工事契約や建材、設計契約まで上手くいかない場合のアドバイス・サポート料は

無料です。

 

ただ、設計事務所で設計図を作った場合は実費として10万円~30万円ほど

設計事務所にお支払ください。

 

また、現地調査や地盤調査を行う場合も実費費用が5万円かかります。

 

1・アドバイス
2・サポート
3・コンサルティング
4・プロデュース

建築サポートはこの4つを行っていますがちょっと曖昧ですよね。
全部同じような感じがします。

ただ自分の中では決めています。
1・アドバイスでは建築知識や技術、失敗しない方法を伝えます。
2・サポートでは実際に資金計画や見積もりを作ったりの作業の代行です。
3・コンサルティングでは施主が困っていることや悩んでいることに重点を置いてそれを解決します。
4・プロデュースでは、施主が欲しい家を施主の予算内で建築できるように設計、施工、材料仕入れの手配などを実践的に行います。

という事でこれから家づくりを300万円から1000万円安くしていきます。

 

あなたやご家族が幸せに暮らせるように。

 

 

 

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net