ローコストでも自然素材が選ばれています

 

「マイホームを建てたい」
「でもローコスト住宅が良い」
「ローコストでも、良い家に住みたい」

多くの人が、できるだけ安く、それでいて高品質なマイホームを建てたいと考えているのではないですか?

しかし、「ローコストで本当に高品質な住宅を建てられるのか?」と疑問に思う方も多いと思います。
結論から言うと、現在ではローコストかつ高品質な住宅を建てられます。
というのも、例えば資材をまとめて取り寄せしたり、工場に直接発注して資材を卸売りする仲介業者を排除したりすることで、コストを抑えられるようになったからです。

 

お茶でも一本で買うと150円くらいかかるのに、ケースで買うと一本当たりの値段が120円くらいになりますよね。
また、スーパーやコンビニなどで買うよりも仲介業者を通さずに販売している食料品店の方が安く買えますよね。
資材もこれと同じです。
こうしてローコストかつ高品質な住宅を提供できるようになったのです。

ローコストで高品質なマイホームが実現可能ということがわかったところで本題に入ります。
具体的に「良い住宅」とはどのようなものでしょうか?
「良い」と感じるポイントは人それぞれです。
一概に「これが良い住宅です!」とは言い切れませんが、今回は多くのお客様からご好評をいただいている「自然素材を使った住宅」についてお話しようと思います。

 

【自然素材を使った住宅とは?】

「自然素材を使った住宅」とは何でしょうか?
「自然素材」とは、人工的な化学物質を用いない資材のことです。
代表的な例で言うと、漆喰や木材、石、コルクなどです。
この自然素材で外壁や壁紙、床が作られた住宅を「自然素材を使った住宅」と言います。

 

【自然素材を使った住宅のここが良い】

では、この自然素材を使った住宅のメリットは何でしょうか?

○赤ちゃんに優しい住宅

自然素材という言葉を聞くだけで、何となく身体に優しいという気がしませんか?
自然素材には人工的な化学物質が入っていないので、最近話題になってきているシックハウス症候群になる確率も極めて低いと言えます。

 

シックハウス症候群とは、倦怠感やめまい、頭痛、湿疹、呼吸器疾患などを引き起こす病気です。
シックハウス症候群の原因とされているのが揮発性有機化合物と言われる化学物質です。
シックハウス症候群だけでなく、化学物質に対する一定の許容量を超えると発症すると言われる化学物質過敏症になるリスクもかなり減少します。

 

赤ちゃんの肌は敏感です。
大人よりも赤ちゃんの方が化学物質の影響を受けやすいと言われています。
より快適な環境で子育てしたいですよね?
もし小さな子どもがいる家族なら、自然素材を使った住宅がオススメです。

○断熱性・耐水性に優れた素材も

また、化学物質の対策だけでなく、機能面でもメリットがあります。
例えば、無垢材という天然の木材は断熱性に優れています。

 

無垢材をフローリングに採用すると、冷暖房器具がなくても快適な生活を送れるとも言われています。
冷暖房器具を使うと、使用前と使用中で大きな温度差が生じてしまい、健康に良くないのです。
機械を使わずに冬は暖かく夏は涼しく生活できる無垢材を使うと、健康にもメリットが出てくるということですね。

 

そして、耐水性に優れた自然素材もあります。
例えば、漆喰という素材です。
漆喰には水を吸収するという特性があるので、外壁塗料として用いると防水効果が期待できます。
さらに、漆喰は耐久年数100年と言われています。
もちろん定期的なメンテナンスが必要になりますが、耐久性にも優れていると言えるでしょう。

○自然と暮らす快適な生活

自然と暮らす心地良さが自然素材を使った住宅の売りになってくるでしょう。
都会や街の中心地に住むとなると、どうしても特有の無機質感がストレスの原因になったりしますよね。
居るだけで心安らぐようなストレスフリーの住宅を再現できるのが自然素材の住宅です。

 

自然素材は時間が経つにつれて色目や表情が変わってくるだけでなく、α波を出しているのです。
自然に囲まれた中で深呼吸すると気分が良くなりますよね?
この気分を良くしている要素がα波です。

 

α波にはリラックスやリフレッシュ効果があります。
自然素材を使って住宅を建てるだけで、家にいるときはいつでも自然の中で深呼吸するのと同じ状況が作られるのです。
自宅にいながら自然を感じられるマイホームは、非常に快適な暮らしを提供してくれると思います。

 


赤ちゃんの身体を守り、冷暖房に頼りきりにならず、そしてただ生活するだけで快適さを感じられるのがこの住宅の良いところです。
これからマイホームを建てようと思っている方、自然素材を使うという選択肢はいかがでしょうか?
これほどのメリットがあり、従来よりもローコストを実現した自然素材はオススメです。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net