注文住宅の家づくりでは工務店選びや建築業者選びが大事

注文住宅の家づくりでは工務店選びや建築業者選びが大事。

 

 

家づくりで失敗しないためには、どこの誰に家づくりを任せるか良く考え、

 

そして選び抜くことが必要です。

 

施主は建築の知識がない、それを良く理解している相手に任せることが、

 

失敗を避ける基本となるでしょう。

 

施主に知識がないことを幸いと思い騙す業者は最低ですが・・

 

騙さないまでも自分たち工務店や業者に都合のいいことだけしか

 

言わない。これはダメですね。

 

 

 

施主の質問に分かりやすく明確に答えられたり、知識に不足がないか配慮し

 

た上で、積極的に尋ねるなどが判断基準となります。

 

 

建築業者の家づくりは商売なので、利益優先で提案を行うのは当然ですが、

 

しかし利益一辺倒だと施主が望まない家になってしまいます。

 

 

大切なのは、建築業者側に施主を理解する態度があって、利益を優先しつつ

 

納得のいく家づくりに取り組むことです。

 

 

家が高い理由は建築業者が原因の場合が多く、例えば内装や設備を検討する

 

段階において、理由なくより上位のグレードを勧めてくるなら要注意です。

 

 

 

家づくりは、施主の予算で選べる選択肢に限りがありますから、

 

一点豪華主義だと他の部分に不足や不満が生じます。

 

 

 

 

それにバランス良く設計するのが満足感を高めるポイントなので、

 

ただ単に高い方が良いといって勧める建築業者には気をつけましょう。

 

 

施主は建築の知識がないことをいいことに、建築業者の家づくりは商売

 

と割り切る業者は、特にこの傾向が強いといえます。

 

 

最終的な費用が高くついたと評価される建築業者は、あれこれと売りつけ

 

てくる可能性があるので、そういうところは避けるのが無難です。

 

 

本当に安心できる相手に家づくりを任せたいのであれば、信頼が置ける

 

業者を選定して、最終候補を決めることをおすすめします。

 

 

施主の希望を尊重したり、何でも気軽に相談できる建築業者は、

 

高価な買い物をしようとする施主に安心を感じさせるものです。

 

 

また、施工前と施工中に竣工後のいずれにも安心が用意されていれば、

 

その建築業者は更に信用できるでしょう。

 

 

施工前には念入りな話し合いと打ち合わせ、施工中は進捗状況の

 

詳細な提供、竣工後は手厚いアフターサービスが当てはまります。

 

 

つまり、このような配慮が随所にあるなら、不安を抱きがちな家づくりを

 

任せる相手に相応しい可能性があります。

 

 

今日は、

注文住宅の家づくりでは工務店選びや建築業者選びが大事。

 

という話でした。

 

本当に注文住宅の家づくりでは依頼先の工務店や建築業者選びが

大事です。

工務店や建築業者によりいい家、悪い家、高い家、安いだけの家が

 

決まります。


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net