注文住宅の家づくりでよく頂く質問。住宅ローンの金利タイプはどっちがいい?

注文住宅の家づくりでよく頂く質問。住宅ローンの金利タイプはどっちがいい?

 

 

 

住宅ローンは、大きく分けて固定金利と変動金利の2種類に分けられますが、

 

両方にメリットがあります。

 

 

各金融機関では大抵の場合両方の商品を用意しており、利用客のライフスタイル

 

や経済状況などによって何を選べばよいのかが異なるのが特徴です。

 

 

 

固定金利はその名の通り、利用を始めてからローンを払い終わるまでの金利が

 

同じなのが特徴ですが、景気に左右されない反面金利が低い時代になっても

 

高い金利で固定されたままというデメリットがあります。

 

 

しかし、金利の高い経済情勢になった時でもそれに伴って上昇しないという

 

メリットがありますので、近年のような低金利時代ではより選ぶメリットが

 

大きくなってきています。

 

 

 

変動金利は、経済情勢などによって金利の見直しが頻繁に行われるためそれに

 

合わせて変動するのが特徴の商品です。

 

 

もともと固定金利に比べて金利上昇のリスクがあるため、固定金利よりは

 

低めに設定されているのが一般的になっています。

 

 

ここ数年はかなり低金利の時代がつづいているため、変動金利は繰り上げ

 

返済で早期に返したいという方に人気がある傾向です。

 

 

 

固定金利と変動金利のメリットを両方享受できる商品もあります。

 

 

これは固定金利の安心感と変動金利のお得な部分を兼ね備えたもので、

 

割合は任意で決定することが出来ます。

 

 

ここ数年の低金利に伴い、住宅ローンは非常に有利に返済することが

 

できるようになりました。

 

変動金利は金利が見直された時に上昇するのが不安、という方からは

 

固定金利のローンが選ばれる傾向にありますが、変動金利は非常に低

 

めに推移しており、今後もその傾向は続くと考えられています。

 

 

 

繰り上げ返済をしていくと金利分を支払う割合が減るため、変動金利で

 

ローンを組んで繰り上げていくという方法が最もお得と考えられますが、

 

景気や経済情勢に伴って今後上昇するリスクもありますので、心配という

 

方は固定金利を選んでおくと総支払額の予定が立てやすいでしょう。”

 

 

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。