注文住宅を建てるにはお金の勉強も必要

昨年、WHO(世界保健機構)は

 

「ゲーム依存症」を精神疾患として正式に認定しました。

 

アルコールやたばこの依存とは異なり、

 

年齢や性別を問わず、誰にでも起こり得る疾患です。

 

 

 

この患者には、

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・ゲームをすることへの抑止力の欠如

 

 (開始、頻度、熱中度、継続時間、終了、環境、など)

 

 

・ゲームの優先度が、他の生活上の興味や日々の活動を上回る。

 

 

・悪影響が見られるにもかかわらず

 

 ゲームへの没頭が継続あるいは激化する。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

という3つの主要な兆候が見られるといいます。

 

短期的なら誰にでも経験しそうな兆候なので、

 

つい見過ごしてしまうことがあるかもしれません。

 

家族の様子をチェックして、早期発見に努めたいですね。

 

 

ところで、内閣府が公表した

 

「平成29年度 青少年のインターネット利用環境実態調査」によると、

 

青少年(小中高生)の82.5%がインターネットを利用しているとか。

 

ちなみにゲーム利用率は74.9%で、年々増加しています。

 

 

それと共に、家族の「ゲーム課金」に悩む人も増えてきました。

 

 

生活に支障のない範囲内で、計画的に課金するならまだしも、

 

「親の許可を得ず、キャリア決済(スマホ決済)で課金していた」

 

「親のクレジットカードを無断で使用して課金していた」

 

「配偶者が100万円単位の課金をしていた」

 

という事例も少なくありません。

 

その返済のため、生活資金や家づくりの資金を切り崩すケースもあります。

 

 

もし、家族にこんな傾向が見られるようになれば、

 

家づくりに大きな影響を及ぼしそうですね。

 

 

日本の学校では、

 

お金や経済について学ぶ機会はほとんどありません。

 

そんな方にとって、新築や進学は、家族でお金について学ぶ良い機会です。

 

どのように学べばよいかわからない場合は、とりあえず

 

金融庁・国税庁・全国銀行協会などのホームページをチェックしましょう。

 

そこには、子どもの年齢に合わせた教材が用意されています。

 

そこで気になるテーマを見つけたら、さらに学びを広げてみましょう。

 

 

家づくりのため、あなたが懸命に努力しても、

 

家族の協力がなければ資金計画は順調に進みません。

 

子どもは、新居で自室を得たことをきっかけに、

 

スマホゲームに接する時間が長くなるかもしれません。

 

 

お金の正しい使い方を知らなければ、

 

リスクを知らないまま課金するかもしれません。

 

 

 

 

あなたは家族とお金の勉強をしていますか?

 

もしまだなら、家づくりをきっかけに、

 

家族と一緒にお金の勉強をしてみませんか?

 

 

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net