安くて良質な住宅の購入方法は3つあります。

“安くて良質な住宅の購入方法は3つあり、その1番目は無理のない資金計画書です。
資金計画とは文字通り、住宅にかかるコストを予想したプランとなります。

 

予算と似ているものの、資金計画は調達から支払、支払から返済までの長期間な流れを考えているところが決定的な違いです。

 

資金計画の最初の段階である調達は住宅を購入するための資金を調達するステップで、まずは自分が所有している現金や預金、定期預金などを集計していきます。

 

可能であれば両親など援助できる人物たちがいるなら援助の意思の確認をし、さらに資金を増やしておくのがベストです。

 

この時に大事なポイントは自分が所有している資産は全て、計算しておかなくてはなりません。
全財産を使えば暮らしが破綻するのは言うまでもないですが、あえて全財産を確かめ、そのうえで将来や生活に欠かせない金額を差し引いていきます。

 

 

そして住宅の購入にかかる費用、またその諸費用をネットや無料のカタログで提示されている金額を参考にして自分で用意できる金額で支払えるかどうか考えるのが始まりです。

 

この時点では具体的なコストは難しいため、平均的な相場で構いません。

 

ここで知っておきたいポイントは、住宅よりも諸費用の負担が大きい事です。

 

実のところ住宅購入では諸費用のほうがお金がかかり、そのためローンの利用が求められます。

 

いわゆる住宅ローンというわけですが、もちろん無理なく返済できるかどうかが大切です。場合によっては借りられない可能性があり、最悪住宅の購入を諦めなくてはなりません。

 

こうして調達に目途がついたら、今度は支払の段階です。
販売されている建物や新築マンションであれば一括で支払いますが、土地ごと購入したからの建築など工事をする場合は数回に分けて支払っていきます。

 

こうなると手元に用意できる費用も大事ですが、支払うタイミングでちゃんと払えるようにできるスケジュールも大事です。

 

特に銀行から融資してもらっている場合がそれで、そのスケジュールと支払うお金の内容が支払計画そのものと言えます。

 

土地を買う際のお金である土地手付金や工事の契約の証である着手金などそのタイミングと内容は様々であるものの、売り主側の条件や都合で差異があるので要注意です。

 

そして返済の段階は、もはや人生とともにあるイベントと言えます。
何せ、このステップは30年から35年ほど時間をかけなければ終わらないからです。

 

とはいえこれは住宅ローンを組んだ場合ですが、無理なく完済する事を考慮すればお金をかけるよりも時間をかけたほうが適切となります。

返済計画において最も重要視されるのは、いかに貯蓄していくかです。

 

繰り上げ返済の計画や修繕、それに老後の生活など生きていくうえで欠かせない資金を計算しながら貯蓄していく事を考えなくてはなりません。

 

このように資金計画は慎重にならざるおえませんが、住宅ローンの審査が浮かれなかったり頭金を入れ過ぎてしまったり等失敗やトラブルが尽きないので、そのあたりも要チェックです。安さという意味合いではお金に関する計画書は大きく占めていますが、安くても良い家を手に入れる方法の2番目はいい設計図をつくることとなります。

 

設計図とは一言で表現すると間取りですが、住宅購入になればその図書は膨大です。
建物および設備の概要をはじめ、各階の平面図や敷地の配置図、電気設備図に給排水設備図など様々あります。

 

もはや資料と分類される図面であるものの、これらは住宅を精密につくるうえで欠かせないものです。

アドバイス・サポート費用はご予算内で予算オーバーしないように業務内容を調整します。

設計図は設計者と呼ばれる個人や業者など建築の依頼者の依頼を受けて設計し、特記仕様書を作成するプロの手で手掛けられています。

 

建築士のなかにもこの仕事を請け負っているケースは多く、メーカーなど建築に関わる事務所に属している場合と個人で運営している事務所を開いて独立している場合が主です。

 

設計者が手掛ける図面は間取りが分類される意匠図、建物内の骨組みが分かる構造図、そしてガスや水道などの設備を記した設備図の3種類となります。

 

住宅を一からつくる場合は設計者にニーズを打ち明け、相談しながらこだわっていくのが安くて良い家を建てる近道です。

 

ちなみに購入する際も図面を見せてもらったほうが建物を理解しやすいので良いですが、業者側が渋った場合は何かしらの不備がある恐れがあるため気を付けなくてはならないです。

そして安くて良い家を手に入れる方法の3番目は施工業者を探すことに尽きます。

 

ハウスメーカーや設計事務所、工務店が施工業者として挙げられますが、どの業者にも一長一短はあるものです。

 

例えばハウスメーカーは実績と信頼はあるものの、融通が利くかどうかは難しいです。

 

また効率を優先しているところがあるため、人によってはハウスメーカーを選ばない場合もあります。

 

業者の個性や特徴は実際に接触しないと分からない部分があるので、契約を結ぶ前に許される限り業者の元を訪れて見極めていく事がおすすめです。”


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net