家を手に入れることは多くの人にとっては一生に一度あるかないかの出来事

“家を手に入れることは多くの人にとっては一生に一度あるかないかの出来事ですし、また失敗するとその後のライフプランにも大きく影響を与えるものです。このため家を手に入れることはその場の勢いで行うものではなく綿密な計画を立てて行うことが重要なことです。

 

家を購入する選択肢としては、新築と中古があり、新築でも建売住宅と注文住宅がありますが、また中古も購入後にそのまま済むか、リフォームするか、またはリノベーションをするかといった選択があります。

 

また立地も重要で建てる場所によっては土地代も大きく変わるものです。ただ基本的には、家を手に入れるためにはお金が必要であることであり、そのお金を用意できるか、用意できる金額、つまりは家を買うための予算との兼ね合いが家を手に入れる時の最大の問題になります。

 

安くても良い家を建てるというのも実は考え方によって変わってきます。家を作るための費用は材料費と人件費の2つです。

 

建売住宅や中古住宅の場合にはすでに建てられた家を購入するわけですから、減らせるものといえば売値と手数料などで、売値に関しては交渉次第で下がる可能性があります。

 

また安かろうで材料を安価なものを選ぶというのも方法のひとつです。しかし難しいのは注文住宅です。

 

注文住宅は設計から行うもので、要は購入する側が一から家を建てることに関与することになります。

 

このため注文住宅は建売住宅と比べれば高くなるものですが、それでも安くても良い家を作ることは工夫次第で可能です。

家の購入する手順としては、大雑把には家を建てるための土地を用意し、その土地に合わせて建物の設計図を作ります。

 

その設計図をもとに建物を作っていくというものです。

 

しかし、現実には建物を建てようとしている場所が住宅を作ることが可能な地域であるか、また設計の認可が下りるかどうか、お金の支払いの方法、完成後の税金の扱いなどやらなければならないことは山程あります。

 

これらを一度に考えるのは混乱するもとですから、やるべきことは手順を立てて行うことが大切です。

手順としては1番目は無理のない資金計画書を作ることになります。

 

一生に一度あるかないかの大きな買い物である家の購入は、ほとんどの人は年収以上の買い物です。

 

このため多くは住宅ローンを組んで購入することになりますが、その住宅ローンが利用可能な金額を知ることが必要ですし、

 

また現時点で用意できる金額も知っておくことが大切なことになります。

 

それに家を建てることにすべての収入を投じるわけにはいきません。

 

結婚をしたり、子供が出来れば、それらを養うためのお金が必要ですし、それに高齢になると病気のリスクも高まります。

 

住宅ローンは長期間にわたって返済を行わなければならないものですから、将来のリスクも考慮して、その範囲内で用意できる資金を算出することが大事です。

 

2番目は設計図をつくることで、これは簡単な間取りでも良いので、ともかく建てたい家をイメージすることが大事です。

 

参考に出来るのは、すでにある家で自身が気に入った間取りを書き出して行くのが一般的なやり方になります。

 

モデルルームを利用したり、知人の家などを実際に見て、広さなどを測り気に入ったところを記録しておけば、設計図を作る時の参考にすることができるものです。

 

用意できる資金と設計図を作って作りたい家をイメージできれば、3番目は施工業者を探すことです。

 

最初から施工業者を探して、アドバイスを受けながら資金計画書や設計図を作るという方法もありますが、途中で挫折することもありますし、依頼をした時点で引き返すのも困難になりますから、少なくとも用意できる資金ぐらいは理解しておく方が話もスムーズに進めることができます。

 

施工業者の選択肢としては、建設会社や工務店、またハウスメーカーなどがありますが、注文住宅の場合には建築事務所に依頼する方法もあります。

 

建設会社などは建物を作るのが仕事であり、もちろん注文住宅も行っていますが、請け負っている仕事の数に対して建築士の数が少ないこともあるためスムーズに話が進まないこともあるものです。

 

その点で建築事務所であれば、建築士に直接依頼することができ、またじっくりと計画を練ることもできます。

 

ただ建築事務所の場合には住宅ローンや税金などの面では本業でありませんから、総合的に相談をしたい場合には注文住宅を行っている会社を選ぶ方が無難なケースもあるものです。

 

ただ建設会社にしても建築事務所にしても、家を現場で実際に作るのは下請けの業者が中心であり、あくまでも請負業者として家を完成させるまで責任を持ってくれるだけで、この点で下請け業者との関係が良いようなところが安くても良い家を建てる上では必要なことになります。

 

 

このあたりはそれなりのお金を出して家を作る場合でも、少しでも安く建てたいと思っても同様のことで、業者選びが良い家を建てるのには欠かせません。”

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net