良い家を安く建てるセミナー

昨日も住宅相談という事で建築費が予算より1000万円もオーバーしている。

 

見積が高いという相談を受けました。

 

見積を見ると確かに相場よりかなり高い。

 

 

 

ただ、これはしょうがないことです。

 

建築会社の見積は適正に安く出さないといけないという業界の決まりごとも

 

法律もありません。

 

どれだけ高くしても、どのような見積もりの書式であっても

 

構いません。

 

 

ボッタくりの見積でも基本的には問題ないです。

 

ただ、このような見積もりを出し続けているとその会社の

 

未来はありません。

 

 

だから、普通の会社はできるだけ安くていい家を提供しようと

 

頑張るわけです。

 

安くて良い家を建てようと頑張っていない業者ももちろんいます。

 

そんな業者は広告宣伝したり、ブランドで施主さんから支持をされるように

 

頑張っています。

 

 

どちらがいいかというのは明白です。

 

 

 

お施主さんから選らんんでもらうには、最低限、安くても良い家というのは

 

基本ですからね。

 

 

 

一応、建設業法には明細見積と仕様書を施主に提出するという決まりは

 

ありますが、これを守っていないところが殆どです。

 

そういう訳でどのような見積もりでもOKなんです。

 

 

法的に罰則もできてこれを守らない建築業者は家づくりを

 

してはいけない。

 

こんな業界になればいいのですが、それはムリなようです。

 

 

 

話がそれましたが、予算よりかなりオーバした見積もりは

 

業者からしたら、それが適正見積もりです。

 

たくさんの相場より多くの利益が欲しいのでそのような高い見積もりになった

 

だけでして、その利益で家づくりを引き受けるという意思表示です。

 

 

この見積もり金額を施主さんの予算内に納めるには2つの方法しかありません。

 

 

1・予算内に納まるように業者を説得する。

 

2・予算内で建築してくれる業者を探す。

 

 

 

さ~あ、あなたも良い家を予算内で建てることにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。