建築業者の賢い選び方

建売住宅と違って注文住宅を建てる場合には、どこの工務店やハウスメーカー

 

などの建築業者に頼んでいいのかを迷われる人が殆んどだと思います。

 

 

そこで業者選びで失敗を避けるための工務店やハウスメーカーを選ぶ時の

 

ポイントをいくつか紹介します。

 

 

工務店の中には新築住宅以外にもリフォームや建売住宅やマンションの

 

内装リフォームをやっている業者や、ハウスメーカーの下請け工事や

 

解体業者まであります。

 

 

 

その中から注文住宅のみを扱っているのか、もしくは新築住宅の建築を

 

中心に行っている業者を選ぶべきです。

 

 

 

何故かと言うと新築以外の仕事もやっている工務店の殆んどが新築だけの

 

仕事では会社が成り立たない業者が多いからです。

 

 

 

仕事が容易で単価の高いリフォームや建売の方が利益率が高いため、

 

それらの仕事を中心に行っている業者は利潤追求業者の場合が多く、

 

見積りの水増しをされる可能性も高いです。

 

 

 

またそういった業者の場合は、安い料金で注文住宅の仕事を受けても、

 

利益を出す為に計画通りの材料を使わず、残念ですが工期を短縮して

 

手抜き工事を行う可能性もあります。

 

 

 

他にはその工務店の注文住宅に対する明確なポリシーや得意分野があるのかも

 

重要です。

 

 

床、木材を無垢材に拘ったり、地震に強い家に拘ったり、他の工務店にはない

 

何かの強みがあって、その強みを生かした過去の注文住宅建設の実績が豊富な

 

一貫性のある業者を選んだ方が安全です。

 

 

 

パンフレットやカタログではいかにも、特別な拘りを持っている会社でも、

 

今までそんな住宅を建てた事が1度も無いという場合もあるので、実際に

 

建てた過去の建物を見せてくれる業者を選んだ方が失敗を避けられます。

 

 

注文住宅を建てる目的は、自分の要望を取り入れて建物を建てる事なのに、

 

一部の工務店の中には要望を一切聞かずに、予算の事ばかり話す業者が

 

少なからずいます。

 

 

要望を聞きすぎて予算が足らなくなる工務店の方がまだましでしょう。

 

要望と予算はバランスよく使うことが大事です。

 

 

(予算が少ないのに要望ばかり多い人も適正価格という面からみれば

 

困りますが)

 

 

 

 

そういう業者は避けて、素人である依頼主の要望を頭から否定せずに、

 

要望を聞いて設計に反映し予算もメリハリをつけて調整てくれる業者の方が

 

失敗せずに済みます。

 

 

最後は信頼と信用できる建築業者か否か?

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net