家の価格に適正というのがあるのか?

家の価格に適正価格というのは本当にあるのでしょうか?

 建築を依頼する業者は現在

 大手ハウスメーカーから個人の大工さんまで大小いろいろな業態があり

 いろいろな建築費で家を建てています。

 一般的には大手ハウスメーカーが高く大工さんが一番安いということになります。

 見積もり

 同じ家なら安いに越したことはありませんが、建てる建築会社が違えば家も

 当然違った家になります。

 いくら安かってもあなたが希望する家ではなかったら家を購入する意味はないですよね。

 家づくりの難しいところはそこにあるんですね。

 車や電化製品はどこで買っても同じですが、家はどこで建てるかで価格も家そのもの

 も違うんです。

 

家に対してこだわりや希望が無けりゃ安い材料を使いやすく作るためだけに注目して

やればいいので簡単なんですが、普通はそうはいきません。

 家の価格はいろいろバラバラな価格を各社、大工さんが設定しています。

 

どれが高くてどこが安いというのはその会社から見積もりを取ればすぐわかるのですが

 その価格が適正か適正じゃないかというのはその会社の人間でないと分かりません。

 

また価格が適正か適正ではないかというのは、施主から見た価格と建築業者から見た価格

 ではまた違います。

 施主から見た価格が高く法外な価格と思われても建築会社にとっては適正な利益を含んだ

 価格となったりします。

 

建築の価格というのは、 適正価格というのがあってないようなもんだと思います。

  同じような家でもハウスメーカーが3000万円だと言えばそれが適正だし

 大工さんにとっては同じような家が2000万円。

 これもまた適正。

 

 ハウスメーカーは多くの経費が掛かるので高い。

 大工さんは人件費だけだから安い。

 それでも大工さんに頼む人よりハウスメーカーに頼む人が

 断然多いのです。

 要するに高くてもハウスメーカーの価格は適正だと思っている人が

 大勢いるということです。

 

 建築価格について適正価格は無いようであると思っています。

 以前も言いましたが建築の適正価格は大工等の人件費+材料費+健全な会社運営費

 ということですが、この健全な会社運営費というのがこれまた分からないものです。

 ただ施主さんにとっては適正価格でろうがそうでなかろうが、施主さんが決めた

 予算内で施主さんが希望する家が建てばそれでいいわけです。

 だからハウスメーカーみたいに高い価格でも依頼する人がいるのです。

 

あなたが決めた予算で希望する家。

 これを実現してくれる依頼先がベストだということですね。

 

 家の価格が高くても安くてもそれはそれで適正な価格ということになりますが、それでも

 多くの施主は安いのが良いというのが心情です。

 

 ただ、いくら安くても希望に添うものでない限り

 安物買いの銭失いになるのでそこだけは注意したいですね。

 家づくりは施主が2年も3年も勉強しなければいい家にならないという人が

 います。

 

間違ってはいないのですがそれより良い依頼先を探すのがベストです。

 施主さんの中には構造から材料、施工まで業者顔負けの知識を持っている人もいますが

 施主さんは建築業者になるわけではないのでそこまでの知識は必要ありません。

 私たちが車を買う時にエンジンの構造の知識なんで必要ないですから。

 

いくらの予算でどのような家に暮らそうか?

 ここをシッカリ考えておけばOKということですね。


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。