自然素材の健康住宅希望の方はハウスメーカーではなく地域の工務店で建てよう!

今日は健康に快適に住む為の家はどのような家なのか

お伝えしますね。

家はいろいろな会社がいろいろな家を建てていますが

一番いいのは、夏涼しく冬暖かい空間を自然素材で作った家です。

これは当たり前と言えば当たり前ですね。

夏暑く冬寒い、化学建材の家が一番なんて言う人は今まで聞いたことも

見たこともありません。

DSC03148

確かに予算の関係で安い建材を使ったローコスト住宅を建てる人は今でも多いですが、

そのような人も予算が許せば自然素材を使いたいと思っています。

また高断熱で夏涼しく冬暖かい家に暮らしたいとも思っています。

 

 

予算の関係で安い一昔前のような家を建てる人もいますが一昔前の家がなぜいけないのでしょうか。

一昔の家は冷暖房計画とかなかったと思いますが、そこをきちんとやらないとどんな家になるのかご存知でしょうか?

 

家の冷暖房計画をしっかり立てないと、夏の暑さ、冬の寒さ、

窓にビッシリつく不快な結露に悩まされ、カビやダニによる

アレルギーやトイレのや洗面所の寒さによる心臓麻痺の心配が

あり健康的に暮らすことができません。

結露で家の寿命も短くなり20数年程度で建て替えやリフォームを

しなければならないなど経済的な負担も増えます。

冷暖房計画をしっかりやることにより、少ないエネルギーで

快適な空間を作り出します。

具体的には自然の気候風土に対応した夏暑くなく冬寒くない家です。


誤解しないでほしいのですが、ホテルのような全館、同じ温度、

同じ湿度とは全く違います。

家中が暑過ぎず寒過ぎないカラダに負担にならない程度の

温湿度と言う事です。

 

確かに一般によく使われる化学建材や合版フローリングに

比べると価格は高くなりますが、価格以上の価値があります。

良識ある工務店や住み心地を重視される施主さんの間では

とても人気がある無垢の木と塗り壁です。

予算の関係でどうしても化学建材とビニールクロスを使う人が多いのですが

ぜひ無垢の木と塗り壁を使っていただきたいものです。

 

ところで、ハウスメーカーより地域の工務店のほうが安く家が建つというのは

ご存知だと思いますが、ハウスメーカーで建てる予定で自然素材を使いたい方は

地域の工務店に依頼先を変えれば約30%安く家ができます。

なので、自然素材を使った健康住宅も十分建てることができるので

地域の工務店はオススメです。

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net