注文住宅を安くするには?

自然素材の夏涼しく冬暖かい家を安くつくるには建築業者の運営費を

 

安くするしか方法はありません。

 

 

 

建築業者の運営費が安いのは大手建築業者より小さな建築業者です。

 

たとえば大工さんとか。

 

大工の自分が現場で働きながら工務店の看板を上げている人ですね。

 

大工工務店と私は読んでいます。

 

 

そんな建築業者なら大手建築業者のように広告宣伝費や

 

モデルハウスの維持費用などにたくさんのお金を使うことはありません。

 

 

材料費や施工の人件費の他に建築業者の会社の運営費が上乗せされなければ

 

かなり安くつくれるのは当然です。

 

 

だからあなた自身が、そういう大工工務店を探すことができれば、

 

出会うことができればいい家を究極に安くつくることができます。

 

 

品質の高さと低価格は普通は両立しないと言われますが、

 

信頼できる大工工務店と家づくりができれば品質の高さと

 

低価格は両立できるのです。

 

 

ところが、大工工務店との家づくりをしている人はそんなに多くありません。

 

なぜでしょうか?

 

 

高品質と低価格が両立できるのになぜ多くの人は大工工務店ではなく

 

大手建築業者に500万円も700万円も払って家づくりを頼むのでしょうか?

 

 

それは単に大工工務店を知る機会がないし信頼できる大工工務店と出会うことが

 

出来ないからです。

 

大工工務店は広告宣伝もしていないので当然ですが。

 

 

そして思いっきり良い家を思いっきり安くつくるにはあなたと大工工務店

 

が直接契約をし一緒に家づくりをする以外ありません。

 

 

建築サポートはあなたと、大工工務店との家づくりを

 

あなたに代わりプロデュースしているいのですが、もしあなた自身が私抜きで

 

大工工務店との家づくりを希望されて建築の知識をちゃんと持っていれば、

 

私のプロデュースは必要ありません。

 

 

そしてそれが一番いい家づくりで究極の家づくりになると思います。

 

 

私の方も大工工務店を紹介するだけなら費用はいらないので、家づくりの

 

知識がそれなりにある方、予算が極端に少ない方はあなたと大工工務店との

 

家づくりを考えられたらいかがでしょうか?

 

 

 

坪単価の注意点

 

「価格」を「面積(坪)」で割って出す「坪単価」には2つの注意点があります。

 

その1つは「面積」です。面積には「延床面積」と「施工面積」があります。

 

延床面積は各階の床面積を合計した面積で、玄関ポーチやベランダなどは含みません。

 

 

しかし、施工床面積は「施工した面積」になるので、玄関ポーチや

 

ベランダなどを含みます。そのため施工面積は延床面積よりも大き

 

くなります。

 

 

 

つまり、同じ家でも延床面積より施工面積で算出した

 

坪単価のほうが安くなります。

 

 

 

そしてもう1つの注意点は「価格」です。

 

 

 

価格は、お客さまが実際に購入する価格で算出される場合が多いのですが、

 

これもそれぞれの条件により異なります。

 

 

例えば、照明器具やカーテン、空調設備などを含むかによっても違いがでます。

 

そのため、それらの費用を除いた本体工事費を使い坪単価を算出する建築業者も

 

あります。

 

 

 

マイホームの価格を比較する際によく使われる坪単価ですが、実はずいぶんアバウトな

 

ものですから、そのことを知ったうえで上手に利用したいですね。

 

 

 

 

ところで大手ハウスメーカーは価格といい中小工務店は建築費用と言います。

 

 

この違いは大手ハウスメーカーは商品住宅なので商品には最初から値段がついています。

 

だから価格と言います。

 

 

 

一方注文住宅をメインに建てる小規模工務店は商品を持ちません。

 

お客様の依頼を請けてその通りに家をつくるので、依頼を請け図面や仕様が

 

決まってから建築費を見積もるようになります。

 

 

 

お客様にとって価格も住宅も分かりやすいのはハウスメーカーの商品住宅ですが、

 

その商品住宅があなたの欲しい家とピッタリ合えばいい家づくりができるでしょう。

 

 

ただ、あなたが欲しい家があなたが買える価格でないなら工務店や設計事務所に

 

家づくりを依頼し自分で計画し作るしかないです。

 

それが注文住宅と言われるものです。

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net