注文住宅の建築費が高いと思うなら。安くていい家をご希望ならこの方法をお勧めします

 

 

 

注文住宅の建築費が高いと思うならこれから説明する方法で家づくりをしてください。

 

設計・施工・材料仕入れの分離分業建築システム。

 

注文住宅の建築費が高い原因をまず考えてみます。

 

1・設計費が高い

 

2・施工費が高い

 

3・材料費が高い

 

4・建築業者の経費利益が高い

 

以上この4つです。

 

他にはありません。

 

注文住宅の建築費が高い原因が分かりました。

 

原因が分かったら後は簡単です。

 

これを減らすにはどうしたらいいのか?

 

 

一つづつ見て行きましょう。

 

1・設計費が高い。

 

家づくりをするには設計図が必要です。

 

間取り図、外観図、平面図、立面図、矩計図、断面図などです。

 

この図面が無ければ工事はできません。

 

これらの設計図は建築設計事務所で作ります。

 

設計料が高いのか安いのかはどのような設計事務所に設計を

 

依頼するのかで決まります。

 

建築家タイプの設計事務所に頼むのか?

 

それとも普通の設計事務所に頼むのか?

 

そして、白紙の段階から設計を依頼するのと、ある程度の

 

ベースの間取りや外観を施主が決めていてそのベースの図面を

 

数回修正するカタチに設計を依頼すればかなり設計費は安くなります。

 

 

設計をする建築士は考えるのが仕事でその考えるという行為が長くなると

 

長いほど高額な設計料になります。

 

白紙の段階から建築士に考えてもらうという事は時間もかかり建築士の

 

考えた設計に対してお金を払うのですから建築士の言い値で設計料は

 

払わなくてはなりません。

 

建築費を下げたいならできるだけ建築士が考えなくても良いようにすることです。

 

もちろん耐震や動線などは建築士が考える基本的なことです。

 

ゼロから100まで全部を建築士に依頼しないという事です。

 

半分くらいは施主であるあなた自身が考えるという事で設計費は安くなります。

 

建築士に作業をしてもらう。

 

こういう風に設計を依頼すると設計費は安いという事です。

 

建築士に全てを考えてもらうと高いという事です。

 

 

 

2・施工費が高い。

 

相見積もりを取ってみると良くわかりますが、基礎工事や大工工事など

 

施工に関する費用も工務店や建築会社により髙い安いがあります。

 

大工さんの日当も高い安いがあります。

 

基礎工事屋さんも高い安いがあります。

 

左官さんの日当も高い左官さんもいるし安い日当でやってくれる左官さんもいます。

 

屋根屋さんも電気屋さんも水道屋さんもそうです。

 

施工費に限っていえば、施工費を減らすことはとても難しいです。

 

なぜなら、施工費は人件費だからです。

 

人件費が安くなるという事は現場で作業する人の賃金が減るという事です。

 

あなたも分かると思いますが、自分の給料を減らされたらやる気が出ますか?

 

少ない賃金できちんと丁寧な作業ができると思いますか?

 

欠陥住宅も心配です。

 

欠陥住宅の多くは施工費や人件費が少なすぎて丁寧な施工、きちんとルール通りの

 

施工が出来なかったからです。

 

不当に高く施工費を払う必要はありませんが、きちんと丁寧に施工できるだけの

 

人件費は払わないと後で痛い目にあいます。

 

 

3・材料費が高い

 

材料は近所の建材屋で買おうがネットで買おうが、工務店や建築会社経由で買おうが

 

材料、商品は同じものです。

 

という事は出来るだけ安く買えるところから買う。

 

普通は工務店や建築会社から買う場合が多いですが、価格は高めです。

 

一番いいのは建材をつくっている建材メーカーから直接買うことです。

 

建材メーカーから直接買うことができれば、問屋、商社、建材店、工務店の中間マージンが

 

載っていない安い価格で買うことができます。

 

 

今はまだまだ施主さんが直接建材メーカーから買うことは難しいですが、

 

建築サポートのように建材を買うのを代行してくれる会社も探せば有ると

 

思うので、そのような会社に建材を買うことを依頼したらいいかと思います。

 

建材は建築費の中でも割合的には多いので建材を安く買うことが出来たら

 

建築費も下がります。

 

 

 

 

4・建築業者の経費利益が高い

 

一般的には工務店で建築費の30%~35%が経費利益と言われています。

 

大手ハウスメーカーで建築費の40%~45%が経費利益です。

 

今の建築会社の規模や営業展開、広告、社員数など考えるとこれはこれで

 

建築業者にとっては適正な経費利益です。

 

しかし、これも減らすことは可能です。

 

建築会社の経費や利益を減らさない限り注文住宅の建築費は安くなりません。

 

建築会社の経費利益を減らす方法は、簡単です、

 

工務店や建築会社に家づくりの全てを任せないことです。

 

設計、施工、材料仕入れの全てを任せてしますと、工務店、建築会社も

 

それなりの仕事量になり人も時間も多く掛かります。

 

経費利益を減らすには工務店や建築会社が家づくりに掛ける時間や

 

人件費を減らしてあげることです。

 

もちろん営業経費もです。

 

以上建築費を減らす方法です。

 

この方法を使えば比べる建築業者でかなり金額は違いますが

 

300万円から最大1000万円は安くなります。

 

 

安くても良い家。

 

安くても暮らしやすい家。

 

安くてもデザインのいい家。

 

施主さんが納得する家。

 

安くても快適健康に暮らせる家をつくるためのベストな方法です。

 

 

 

建築費が高い、価格が高いと思っている人にはこの家づくりを

 

おススメいたします。

 

 

 

 

そしてこのような家づくりをアドバイスサポートしているのは

 

佐賀県では建築サポートだけです。

 

施主さんが喜んでくれない家づくりはしない方がマシです。

 

建築業者は施主さんが喜ぶ家づくりをしないとダメです。

 

私はそう考えます。

 

施主さんあっての家づくりですから。

 

 

こんな建築サポートの家づくりですが、あなたがこのような家づくりをしたいなら

 

私が全力でアドバイスサポートします。

 

 

45年の建築経験、実績、知識、技術、知恵、人脈をフル活用しあなたの

家づくりに協力します。

 

施主も建築業者も納得の適正価格の家づくり!

 

 

 

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net