これからは省エネ住宅が売れる!

現在、国や建築業者が省エネ住宅を建てることに力を

 

入れているわけは、何でしょうか?

 

省エネの意味を考えたことありますか?

 

 

もちろん省エネによって電気代や冷暖房費が安くなるので

 

家計には大助かりです。

 

それも省エネ住宅を取り入れる大きな要因なんですが、国が推進している

 

省エネ住宅を建てる理由は他にあります。

 

 

それは、エネルギーの消費量を減らすことにあります。

 

エネルギーは1次エネルギーと2次エネルギーがあります。

 

2次エネルギーは普段私たちが使っている電気やガス、灯油などのことを

 

言います。

 

 

1次エネルギーはこの2次エネルギーを作り出す原材料のようなものです。

 

その中でも、石油や石炭、天然ガス、核燃料は枯渇性エネルギーと言われています。

 

太陽光や風力などは再生可能エネルギーです。

 

 

そして省エネ住宅はこの1次エネルギーの石油や石炭、天然ガス、核燃料の消費を減らす

 

のが目的です。

 

 

 

 

電気や灯油、ガスなどの消費量を省エネ住宅によって減らすことが出来れば

 

石油や石炭、天然ガス、核燃料は枯渇性エネルギーの消費量も減らすことができます。

 

 

ただ電気の使用量を減らすためにガスや灯油の使用量が増えてしまったのでは

 

1次エネルギーの消費を減らすことにはなりません。

 

 

現在、電気やガス、灯油を作っている元になるものが石油や核燃料ということになります。

 

石油は後30年くらいでなくなってしまうと言われています。

 

 

石油が無限大にあるなら省エネ住宅はこれほどのスピードで進化してこなかったでしょう。

 

省エネ住宅は必要性に迫られて作られているのですね。

 

再生可能な太陽光や風力も今後進められてくるとは思いますが、まずあなたや私が

 

出来るのは出来るだけ自然の太陽光や風を利用した省エネ住宅です。

 

 

これから家を建てる人は、省エネ住宅は避けて通れない問題です。

 

30年後、石油などの枯渇性エネルギーがなくなったら子供や孫の

 

生活はどうなるんでしょうか?

 

 

ただ近い将来石油がなくなる。

 

というのは嘘だという専門家もいます。

 

石油が本当になくなるのか?

 

無くならないのか?

 

わかりませんが

 

専門家は本当に信用出来て専門家ですね。

 

 

 

 

 

 

人間の事ですから石油が枯れる無くなると脅かせば

 

価格も上がるし税金も取りやすいということが現実には

 

あるのかも知れません。

 

 

太陽光発電や蓄熱電気などのエコ商品がこれから飛ぶように

 

売れるかも知れませんし、景気回復の原動力としてこのエネルギー関係

 

が利用されているのかも分かりません。

 

 

これは私が生きている間には分からないことかも知れません。

 

しかし石油が無限にあってもなくても、ムダに使う必要はありません。

 

ムダに使わないで済むなら使わない方がいいと思います。

 

 

この社会には私たちが知らないところで、普通の無知な人間に

 

嘘をついて莫大な利益を上げている人間が多くいることもお忘れなく。

 

恐ろしい原発にしても賛成、反対いろいろあります。

 

 

あなたにとって本当の省エネ住宅とはどのような家でしょうか。

 

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。