注文住宅の建築費削減のポイント

今日は建築コスト削減のポイントをお伝えします。

 

良い建物を出来るだ安く建てることが良いかと思いますよ。

 

 

 

高性能、デザイン性の高い家を適正な価格で建てる。

 

注文住宅の建築費で予算オーバーしないためには、

 

ポイントを絞ってコストダウンしましょう。

 

 

 

ポイントを絞らず適当にコストダウンを考えると、

 

希望とかけ離れた注文住宅になります。

 

 

一生に一度の大きな買い物だからこそ、妥協できる点を考

 

えながら予算オーバーしないためにコストを抑えましょう。

 

 

 

注文住宅を建てるときは、デザイン性が高い建物をイメージ

 

しがちです。

 

しかし上下階が不揃いや凹凸があると、使用する建材が増え

 

建築費の高騰に繋がります。

 

 

逆に上下階が同じな総二階なら、少ない建材で建てられるので

 

コストダウンが可能です。

 

また建築に必要な土地の面積も小さくて済むので、広い土地を

 

購入する必要がありません。

 

 

 

注文住宅の予算に占める割合で大きな土地代を節約できるので、

 

大幅にコストカットができるでしょう。

 

 

他にも総二階には、耐震性が高くなるなど住宅の性能が

 

アップするメリットもあります。

 

 

建物の形も一般的で周囲に溶け込みやすいので、

 

浮いたイメージがなくなるのもメリットと言えるでしょう。

 

 

 

性能やデザイン性を考えれば、建築費を抑えられる

 

総二階は悪くない選択肢です。

 

 

予算オーバーしないためには、室内のコストカットも重要です。

 

 

建築費を抑えるためにおすすめなのは、仕切りが少ないオープンな

 

プランになります。

 

 

室内を壁で区切ってしまうと骨組みやクロスなど材料費が増え、

 

その他の費用も増加し予算を圧迫する原因になります。

 

 

しかし室内の壁を少なくしたオープンなプランなら、骨組みや

 

クロスなどの費用を節約可能です。

 

 

 

さらに壁が少なければ室内は開放的になり、実際の面積よりも

 

広く見せる効果も得られますし、家族の姿も見えやすく

 

コミュニケーションも取りやすくなるでしょう。

 

 

このようにポイントを絞りながらコストカットをしていけば、

 

建築費を当初の予算内に収め適正な価格になります。

 

 

予算オーバーすると住宅ローンの返済で苦労することになるので、

 

注文住宅の建築費は無理なく支払える適正な金額にしたいもの

 

ですね。         

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net