注文住宅はベストな家づくりか?誰もが得する家づくりとは?

今の家づくりは注文住宅というのも多いかと思います。

 

自由に設計して自由に使う材料も施主さんの自由。

 

間取りも材料も工期も建築費も全てのことを

 

自由にできる。

 

 

 

これが完全な注文住宅です。

 

 

どうでしょうか?

 

何でも自由にできるのでいいですよね。

 

 

でもこの家づくりの方法で家を建てると

 

結構、建築費が上がります。

 

何が上がるかというと建築業者の経費が上がります。

 

 

 

営業マンや設計担当者も無給ではないですよね。

 

正式な打ち合わせから設計、設計変更、仕様変更、最終決定、

 

契約、変更工事が始まるまでの期間が長い人で1年とか?

 

また、工事中でも柔軟に対応するのでここでも変更。

 

 

打ち合わせや設計時間にも厳密に言えば費用が掛かっています。

 

自由設計の注文住宅は好き勝手にできますが建築費が高くなる。

 

 

 

その点、企画型住宅は打ち合わせも設計時間も短く

 

そのあたりの費用が少なく抑えられます。

 

最初から決まった間取りで決まった仕様で変更ができるのが

 

原則、色くらいですからね。

 

 

だから建築会社の経費がかからない分、企画型住宅や建売、

 

規格住宅は安のです。

 

建築費は安いが好き勝手にできない。

 

 

 

色々なところにこだわる。

 

こだわりの注文住宅もいいのですが、ある程度の予算を組んで

 

おかないと予算が足らなくなります。

 

 

自分たち家族のこだわりや建材の好き嫌いのためにお金をかけるか?

 

それとも最初から決まっている建築費が安い企画型住宅を選ぶか?

 

 

自由設計の注文住宅がいいのか?

 

建築費の安さにこだわり企画型住宅にするのか?

 

 

どちらもメリットとデメリットがあるので

 

よく理解した上でどちらかに決めましょう。

 

 

企画プランも効率だけ安さだけを求めたプランもあるので

 

それは注意が必要です。

 

 

 

最近思うのは、安さが魅力の企画型住宅を選んだのに

 

後で設計や建材、設備機器などに、こだわりがどんどん出てきて、

 

最終的には予算オーバーした。

 

こんなケースが一番よくないと思います。

 

 

 

安さにこだわるなら企画型住宅を選び

 

間取りや建材、設備機器にこだわるなら

 

自由設計の注文住宅にする。

 

 

 

予算が少ないのに広い家を求める。

 

無理なコストダウンを行うから鉄筋を少なくする。

 

 

 

 

ここを明確にしないと失敗しますよ。

 

 

最初に家づくりの方針を決めますが、この段階で

 

明確にするのがベストです。

 

 

 

施主、工務店、建材店、その他の関係業者の誰もが納得して楽しく家づくりができる。

 

こんな家作りは可能か?

 

 

 

どうせやるならこんな家づくりをしたいと思い

 

建築サポートを立ち上げました。

 

 

ただ、3年~4年前まではどうしても施主さん側に立ちすぎて

 

建築費は安く品質性能は高くという、現実的ではない

 

家づくりを行っていました。

 

 

 

施主さんは得しますが(笑)

 

 

 

そんな家づくりが長く続くわけがなく

 

工務店も建材店も私も少し嫌になったこともあります。

 

 

私たちは施主さんのために出来るだけ建築費を抑えて

 

いい家をつくろうと、頑張っているのにそれが

 

報われず、逆にサービスが悪いとか対応が他より

 

悪いとか言われた時期もありました。

 

 

施主さんのためにと思い建築費を安くするために

 

行っている経費削減が気に入らないという事らしい。

 

ムダな経費を省くためのメールでの打ち合わせが

 

気に入らないらしい。

 

 

私たちの利益を減らすための分離発注が面倒くさいらしい。

 

自然現象によるアフターが物足らない。

 

定期的な訪問がない。

 

 

 

 

こういうことが起りました。

 

 

私は建築費を下げることと最高品質、高性能にすることを一番

 

に考え家づくりをしていたんですが、そこが一番ではない施主さん

 

もいたんですね。

 

 

 

そんなことがあり今は少しだけ方向転換しています。

 

それは、

 

 

1・建築サポートの家づくりに共感してくれる人だけとの家づくり。

 

2・家づくりに係る誰もが納得する家づくり。

 

 

この2つです。

 

 

1・は当然ですが考え方が違う人との家づくりはあと後問題がでます。

 

 

今までは多少価値観が違う時も依頼していただければそれだけでありがたい。

 

そんな気持ちだけで

 

仕事を請けていました。

 

 

 

これが大きな間違いでした。

 

建築費をいくら安くしても住宅の品質をいくら良くしても

 

それが分かっているのか?分からないのか?

 

当然のように言われる。

 

少しでも間違いや失敗があれば責任を追及される。

 

家づくりで感謝されたいという訳ではないですが、

 

おかげさまでいい家づくりができました。

 

 

の一言は欲しい(笑)

 

 

確かにこの問題の原因は私が施主さんを絞り込めなかった

 

のが原因です。

 

価値観を共有できるのか?

 

出来ないのかを最初に確認していなかった私が悪いのです。

 

今後は必ず確認します。

 

 

 

2・はやはり大工さんや工務店、建材店、建築サポートも適切な経費利益が

 

無いと家づくりが上手くいかないということです。

 

 

いくら理念やコンセプトが良くても最低限の生活、会社運営ができないと

 

なんのための家づくりかが分からなくなります。

 

建築費は削っていいものと削れないモノがあります。

 

 

建築費が安いのは良いことなんですが、どうして安いのか?

 

そこをキチンと明確にし適正価格で適切な工事費で家づくりができるように

 

したいですね。

 

 

 

 

 

 

家づくりに係る誰もが楽しく幸せになるような家づくり。

 

 

これは口ばっかりと言われないように頑張ります。

 

 

 


«   |   »

プロフィール

高井弘一郎
佐賀県嬉野市塩田町久間甲860

昔は大工さんが棟梁で他の職人さんをまとめて家づくりをしていました。
そこには住宅会社は存在せず、住宅会社の広告宣伝費やモデルハウスの維持費なども建築費には上乗せされていない材料費と職人さんたちの賃金で家が完成していました。
今は時代が変わりそんなやり方で家づくりはできないというのは分かっているんですが、それでも「いい家を出来る限り安くしたい」
今までの家づくり経験45年の知識や智慧がヒントになれば嬉しいです。

ご意見ご感想はこちらまで。
ken-support@jyuutaku-sienn.net