注文住宅を建てる際に課題となるのが建築費と品質 とのバランスです。

注文住宅を建てる際に最も大きな課題となるのが建築費とクオリティ、品質

 

とのバランスです。

 

 

住宅は多くの方にとって一生に一度の大きな買い物となり、何世代にもわたって

 

暮らし続けるのならば途中でローンの支払いが滞るようなことはあってはならず、

 

あまりにも多くを求めずに予算オーバーしない範囲で計画を立てるのも大切です。

 

 

 

予算オーバーしない範囲と聞くと、さまざまな要素を削って我慢や妥協をしなけれ

 

ばならないと思ってしまいがちですが、決してデメリットなのではなく余計なもの

 

を引き算していくことで予算にもやさしくシンプルでおしゃれなデザインと機能を

 

両立できる可能性も秘めています。

 

 

 

要するにムダな部分には費用を使わないという考え方です。

 

ムダな費用というのはお客様にとってのムダと考えていただけたらいいです。

 

住宅会社はある意味お客様にとってムダなことをやらないと受注できませんから

 

多額の建築費をムダに使っています。

 

 

 

 

 

 

 

また、全ての設備や資材を最新鋭のもので揃えることに拘らなければ、旧モデルの

 

資材を利用しリーズナブルな価格で立派な住宅を建てることも可能です。

 

 

 

さらに各資材メーカーでは効率化によるコストダウンを徹底し、可能な限り共通の

 

部品を使用するなどしてデザインや機能性に一定のクオリティを保ちながら

 

ローコストを実現する努力も進められています。

 

 

 

 

特に豊富な施工実績を持っている住宅メーカーや工務店では3段階程度の複数のプランを

 

持っており、顧客のニーズや予算に合わせて最適なプランを提案してくれます。

 

 

 

その際に予算と共に機能やデザインなどの希望を伝えれば、この時こそ会社がそれまで

 

培ってきた知識やノウハウ、建材メーカーとのネットワークを発揮してよりリーズナブル

 

に顧客を満足させる住宅を建てる技の見せどころです。

 

 

 

 

ここで方向性が2つあり、ひとつは既に全ての設計が完成されたパッケージとなっている

 

段階で予算とクオリティ、品質を満たすタイプと、何でも相談に乗ってもらい

 

 

自由にカスタマイズして予算とクオリティ、品質を満たすタイプがあります。

 

 

 

高性能、デザイン性の高い家を適正な価格で建てるには建築会社選びが最も大切で、

 

まずは複数の会社に相談して見積もりを出してもらい比較検討するのが近道となります。

 

 

 

ただ、建築知識が少ないお客様が自分で見積もりの比較検討するのは難しいと

 

思われる人もいますが、そのような時は、建築士事務所や建築サポートの

 

ような会社を利用するのも良いと思います。

 

 

 

建築サポートでは住宅会社選びのアドバイス、サポートも全国的に行っていますので

 

利用ください。

 


«   |   »

予算不足の方はコチラ▼▼

理想の家や理想の家づくりを求めて早いもので45年が経ちました。
いい家を安く建てることやお施主様が希望される家をお施主様の安心な予算内で適正に安く家を建てる。
今までの建築会社がやれなかった高品質、高性能の住宅を普通の価格で提供する。試行錯誤の連続ですが、それも楽しむ。
家づくりにかかわる誰もが楽しく家づくりができるようにしたい。
施主と建築業者は同じ家づくりのゴールを目指すパートナーです。
価値観が同じお施主さんや工務店さん、そして設計士さんとの家づくりを楽しんでいます。